【トライアスロン吸水計画】エアロドリンクシステムを採用してみた。

DHバーの次に実装したかった「エアロドリンクシステム」。

今回はアートスポーツさんでの「2000円メンテ」のついでに実装しました。工賃500円払って作業もお願いしちゃいました。

 

 

slooProImg_20160325081522.jpg

 

実装前

取付前の写真です。シンプルなDHバーです。

slooProImg_20160325081500.jpg

 

実装後

ご覧のように無事に取付完了です。

サイクルコンピュータを取付前より後方に移動せざるを得ませんでした。

また、DHバーの間隔を若干広げました→取付のスペース確保のため、やむなく。

ストローの方はデフォルトのままカット出来ておりません。少しずつカットして適正な位置を見つけて行きたいと思います。

 

slooProImg_20160325081346.jpg

 

 

実際に走ってみた

さて、実走しました。

ストローはカットしようと思ってましたが、長さ的には割りと丁度良い感じです。新品なのでストローの現状は直立姿勢の状態ですが、若干後方に(口元に向けて)カーブさせて、より飲みやすい状態にしようと思ってます。
良い点
小まめに給水出来ます。

給水の鉄則は「少量をこまめに」が基本です。ボトルゲージから都度手に取りながら給水することは面倒&危険ですので、圧倒的に便利です。

 
悪い点
ハンドル周りの装備を見直す必要があります。

また、少々重たい印象に映りますので、格好的には微妙な感じもします。しかし、一度これで走ると随分楽な感じを受けますので、デメリットを上回る価値があるのではないでしょうか?

 

改良

サイクルコンピュータの位置が見にくい状態なので、前方に設置し直してみました。

これで視点をそれほどずらさずにサイコンを確認出来るようになります。徐々にトライアスロン仕様に変化してきました。宮古島が楽しみです!