【ラー飯って何?】秋葉原の焼き鳥店「とり庄」の串のデカさとラー飯で驚く。

玉子焼きとワサビの相性・・・。

食べログの点数が高かったので、予約無しで突撃したお店、秋葉原「とり庄」。

いきなりお通しが出てきました、なんと玉子焼きにワサビ載せ!

これがお通しで500円と言うことです。

玉子焼きも浅漬けも美味いのですが、ワサビはないなぁ〜。

slooProImg_20160209104450.jpg

 

メニューはこちら。串モノ1本300円とか、割と高めの料金設定です。

様子見しようと言うことで2人で1本注文。この判断は結果的に大正解でした!


 

まずは、煮込み。キチンとしていて美味しかったです。


 

 

そして注目の焼き物系。1本1本が結構デカイです!

そして、焼き加減も割とバラバラで、仕事的には余り良い感じではありませんね。


 

それなりのクオリティではありますが、何となく雑な印象を受けてしまいます。


 

レバーはイマイチでした。


 

う〜ん、これは焼き過ぎですね。


 

ピンぼけしてますが、これはまぁまぁ。


 

シメは「ラー飯」。

ラーメンの麺の代わりにおにぎりが入っております。


 

チャーシューが何故か柔らかくて美味しかった。今日一番かも!


 

鶏スープはサービスで頂けるようです。

薄味で美味しかったです


とり庄焼き鳥 / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0