【100円ショップ家具】簡単!防水パンをまたぐ「すきま収納家具」をジョイントラックで作ってみた

洗面所スペースの死角について

限りある洗面所のスペースにぽっかり出来た無駄な空間。良く考えると洗面所の空間はどの家にも共通して収まりの悪いスペースが展開されているような気がします。これはひとえに「洗濯機」という少々収まりの悪い、水回りに感する取り扱いづらい問題から発生している事に気がつかされます。

我が家の洗面所も例に埋もれず、微妙になんとも無駄なスペースが収納問題を引き起こしており、上手い具合にフィットする家具配置を見いだせておりません。下記写真の通り、洗濯機の受皿「防水パン」が邪魔をして満足に家具も置けず、微妙な空間をずっと放置しておりました。

左側の平坦なスペースの幅は15.0cm。ここに収める収納家具はあるにはあるものの、現実に的に考えてみると非常に厳しい収納力です。収納したいモノは数多く、洗面所に関わる一連のアイテム〜ドライヤー、ハンドタオル、バスタオル、風呂上がりに身につける下着や洗濯時に使用する洗濯ネットや洗剤、その他小物の数々など・・・挙げれば切りがありませんが、15cmの隙間家具に到底収まりきれないサイズ感です。
出来れば防水パンの余っている部分:約15cmも含めて思いっきりワイドを使える収納家具の設置を検討したいと思いました。しかし、床と防水パンとの高さがズレているので足場に段差が生じてしまいます。その落差が私の家の場合「14㎝」。この段差をどう解決するか?と言う問題も含めて早速リサーチ開始です。

対応家具は?

この特殊な環境下で対応出来る家具があるのか?と言うことでネットを色々リサーチしましたが、結論から言うと私の環境にフィットする対応家具はありませんでした。「段差をまたぐ家具」と言う商品は「DINOSディノス」と「BELLMAISONベルメゾン」の2社で出ているのですが、いずれもアジャスターが調整できる高さに限度があり(14㎝だと対応NG)、私の洗面所の特殊な状況に合わなかったのがその原因です。しかも、そこそこ割高であるにも関わらず安っぽいと言う口コミ評価もあって敬遠したと言う理由もありました。
さて、購入したモノがキチンとジャストフィットして配置されるのか!?やってみました。下記写真をご覧下さい。

固定器具をどこに設定するか?ポールの長さに制約されず、自由に決めることが出来ます。ただし、固定器具のハマる場所が溝の部分しかないため、必然的に間隔が決まってしまいます。段差の幅に応じて確認することが必要です。

完成

無事完成したのが下の写真です。

スッキリしました。安定感もあります(耐荷重10kg)。

  1. ポール×10本(1000円)
  2. 固定用具×4セット(400円)
  3. カゴ×4個(単価300円×4=1200円)
以上合計・・・「2600円!(税込みで2808円)」

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

特殊な状況でもスッキリと、そして安価で構築することが出来ました。棚の種類も幾つかありましたので店頭で確認してみると良いかと思います。平らなカゴとバスケット型のがごと幾つかパターンが出ております。

注意すべき点はステンレス製品ではなくメッキ製の商品なので、錆びる可能性があるかも知れないと言うことです。水に濡れる環境やガンガンとモノを出し入れするなど、酷使する状況があれば別の選択肢をとった方が良いかも知れません。私はタオルを置いたり洗濯用品の置き場所などに使おうと考えております。

タオルが入っているバスケットは同じくDAISOで「300円」でした!