【ブツ撮り必携アイテム】メルカリもヤフオクも「撮影3点セット」で見栄え良い写真を撮ろう

当ブログの写真撮影環境も成熟期に入りつつあるのかも知れません。

ブログ開設当時はスマホで撮影して加工もせずにそのままアップしておりました。下記記事は開設後1週間経過後の記事ですが、まぁ陳腐な写真だこと・・・(泣)。敢えてジタバタせず、当時の記録としてそっとしておこうと思います。


さて、ここ最近撮影環境を変えまして、だいぶ満足のいくような写真に出来上がりつつあります。

私のカメラ

私が使用しているカメラはRICOHのGR2。購入してから約8ヶ月経過しようとしておりますが、一緒に持ち歩きながらガンガン撮影しております。


 

【1】ミニ三脚

GR2のウィークポイントは「手ぶれ補正機能が無い」という点です。小さくて軽量であるという点が逆に安定感を失い、手ぶれが発生するケースもあります。そんな時にしっかりと安定したシャッターが切れる「三脚」を使うのですが、どうしても小さいアイテムの場合は「ミニ三脚」というもので対応します。

通常の三脚よりかなり小さくて、ブツ撮りに最適なサイズ感です。


撮影するアイテムは比較的小さいモノが多いので、通常の三脚ではなくこの三脚「PIXI EVO」で対応します。当然室内でのブツ撮り専用で、屋外の撮影時には通常の大きさの三脚を使うことになります。あくまでも屋内専用三脚という位置づけです。

一方で軽量という利点を生かしてアウトドアシーンでも気軽に持ち歩けます。登山やハイキングなどとは相性が良くてザックに忍ばせる回数も多いです。

 

【2】撮影用LEDライト

写真撮影に大きく影響するのが「明るさ」です。光の加減によって出来上がりが大きく左右してきますので、注意が必要です。もちろん明るい照明が当たった方が綺麗に撮影できます。ケースになってくるでしょう。今はLEDライトがかなり安価で販売されているので思い切って明るい照明環境を作ってみましょう。

オススメはACアダプタ付属のタイプ。電池も併用出来るので、外に持ち出すことも可能です。で電源を取る


 
 

【3】HAKUBA製デジカメスタジオボックス

三脚を購入して明るい照明で撮影できる環境が作れたらOKなのですが、背景を雑に置いてしまうとせっかくの写真のクオリティが台無しになります。背景をシンプルにすることでより商品にフォーカスしていくことが実現出来ます。写真はHAKUBAの撮影ボックスです。白い布が光を透過させる生地を使っているので、上部や左右から光を当ててくっきりと雑音のない形で被写体を撮影することが出来ます。

多サイズ展開されています。被写体によって検討する事になりますが、私は45サイズを購入しました。


大きさによっては場所を取るのですが、折りたたんで収納することが出来るし携帯性もあって取り扱いも便利です。

 

実際に使ってみた

3点セットを使って実際に撮影してみました。今回の被写体はフラッシュライト界の雄「LED LENSER(レッドレンザー)」のフラッグシップモデルP7.2。まずは、今までそうしていたように自室のフローリングに置いたまま商品を撮影してみました。下記がその写真ですが、床だとすぐ分かる写真ですからイマイチスッキリしません。余計なものが映り込むと、伝えたい事以外の情報が入るために被写体の存在がぼやけてしまいます。

フローリングの素材や継ぎ目に目が行ってしまいます。


 

続いて撮影3点セット(三脚、LED照明、BOX)を使った写真を撮ってみました。どうでしょうか?無駄な情報が入っていないため、商品がくっきりと表現されていていると思います。


くっきりと商品が前に出ていますね


 

ツールを使って2枚を比較してみました。違いを明確に感じることが出来るはずです。※下の写真の中央にあるカーソルを左右にスライドしてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

3点セットの投資額はまとめると約1万5千円ほど。この投資額を安いとみるか高いとみるか?利用する回数やシーンによって判断していくことになるでしょう。しっかりと良い写真を撮ると、メルカリやYahoo!オークションなど高値で売買できる確率が上がるかも知れません。そして何より良い写真を撮ることが出来るとモチベーションが上がりますよね。少し背伸びをしてみても面白いと思いますよ!

当ブログも今後は今まで以上に見やすくて綺麗な写真掲載に意識を向けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたしします。