【宮古島トラ完走】パンク知らずのタイヤはContinental 「Grand Prix ATTACK & FORCE」で決まり!

大会出場に向けてのタイヤ選び

宮古島トライアスロン出場に備えてロードバイクのタイヤ交換を考えておりました。

色んな方と相談しましたが、パンクしにくいことと軽量で路面抵抗が低い事などを総合的に考えて「コンチネンタル」というタイヤメーカーの商品に決めました。
商品名「Continental Grand Prix ATTACK & FORCE」。
ミシュランのPro3とかPro4とかも考えたのですが、「はめやすいけれどパンクしやすい!」と言う知人からの情報もあったので敬遠。私が最も避けたかったのは「レース中でのパンク」なので、このコメントにはかなり反応してしまいました。

また、「コンチネンタル」というメーカーはイメージ的にしっかりとしたモノ作りをするドイツ。ドイツ製というと精巧で安心出来るモノ作りを行うお国柄ですから、ミシュランのフランスより信頼出来そうですよね。

下の表はContinentalタイヤの種別ごとのチャートです。
参考までに貼っておきます。

実際に走ってみた

商品購入してからすぐに練習で実走してみました。

センターがスリックなので路面をガッチリとキャッチしているような感覚です。このグリップ感は走っていてとても気持ち良く感じます。また、コーナーリングがスムーズにいくようになりました。前後のサイズ(幅)が違うことが要因なのか分かりませんが、操縦性能が上がった感じです。満足感をもってレースに向かうことが出来ました。

 

宮古島トライアスロン大会

結果から申し上げるとノートラブルで完走出来ました!

初の宮古島トライアスロンだったので、アップダウンや長距離の走行など慣れない道に四苦八苦しましたが、タイヤに対する安心感があったので余計な気遣いもなく完走出来ました。

実際に大会中バイクで走っていて、多くの出場者の方がバイクのトラブルで路肩に止まっているのを目撃しました。必ずしもパンクだけではないかも知れませんが、パンクのトラブルは完走出来ない可能性を多くはらんでおりますので、タイヤへの安心感、信頼感があるとレース中も集中して競技に向き合う事が出来ますね。

宮古島トライアスロンに完走後の写真


余談ですが、コース中に予備タイヤが落ちているのも多く見かけました。バイクに装着していたのが何らかの衝撃で落下したのでしょう。「パンクは修理すれば良い」ということではありますが、替えのタイヤを落としてしまっては何の対応も出来ませんよね。読者の皆さまはくれぐれもご注意頂ければと思います。

※タイヤの選択は自己判断でお願い致します。