【検証行動】7日間で2,000円のFacebook広告の効果とは?

フェイスブック広告

8月は当ブログのPVが急上昇しておりまして、それに応じた関連収益も過去最高をマークしております。一方で、PVは多いものの新規ユーザーがほとんど。今まで手を付けていなかった「固定ファン作り」に意識を向けていこう!と言うことで、フェイスブック広告にチャレンジしてみることにしました。

投下金額2,000円

なにしろ初の経験になりますので、投下金額は慎重に2000円という控えめな設定ではじめることにしました。

広告出稿はWEB経由であっという間に設定が可能です。ターゲットとする年齢や関連カ設定から5分程度待ったところで承認され配信がスタートされます。

今回の広告目的はブログと連携しているFacebookページの「いいね」を増やす事。今までわずか「4つ」しかないという情け無い状況ですので「いいね数を増やすこと!」これをゴールとしました。


 

結果は・・・?

1週間経過した広告配信の結果、新しい「いいね」を獲得したのは「9」。1つのいいねに対して「222円」掛かってしまうというかなりパフォーマンスの悪い結果に終わってしまいました・・・、無念。参考までにオーガニックに1つのいいねが付きました。

しかし、正直言ってもう少し良い結果が出ると思っていたので非常に残念でした。

スクリーンショット 2016-08-17 10.57.07

 

関連度スコア

なんでこんなにパフォーマンスが悪かったのか?注目べき数字は「関連度スコア」です。

関連度スコアとは、広告を見た人がその広告にどの程度反応したかに基づく、1から10で表される評価です。私の結果は「3」でしたので、かなり低い数字ですね。もう少しターゲットを見極めた絞り込みをすべきでした。次回はもう少しキチンと考えてみたいと思います。