【野郎夜】福山雅治2016「男限定ライブ」に行ってきました

福山☆冬の大感謝祭 其の十六

2016年12月23日(祝)、横浜パシフィコホールで開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十六」の企画ライブ「野郎夜」に行ってきました。なんと男限定のライブです。



みなとみらい駅から会場までのアプローチにはフラッグ広告が掲出されていました。毎年この時期は福山一色になる場所です。


 

キユーピーさん、マヨネーズありがとうございました。

会場

会場のパシフィコ横浜は縦長の構造です。2014年の記念すべき1回目の野郎夜では後方から見守ることとなりましたが、今回はステージ横の東ブロック席という、かなり至近で拝見させて頂きました。感謝です。


文字通りお客さんは男ばかりで会場内は異様な雰囲気です。

LIVEはほぼ定刻通りにスタート。冒頭は第九の「歓喜の歌(喜びの歌)」から始まり「fighting pose」でスタートしました。福山さん、白のスーツで決めてます、格好良い!そして曲終わりでMC。「無事に出産が終わりました」と第1子の報告です。会場は大盛り上がりでした。

女唄と男唄

前半戦は「女唄」のコーナー。女目線で歌われた楽曲が続いていきました。女唄のラストは「家族になろうよ」。なんだか今日という日に相応しい曲ですね。途中ムービーが挟むのですが、確か宇崎竜童さんの渋い声で「女唄の歌詞は自分が思う女性像を切りとったものである」のようなものがあって、それから展開する曲の歌詞を意識して聴いてました。確かにそうかも知れない、と思いながらライブを観てました。福山さんのライブはリアルタイムでモニターに歌詞が表示されるので、観ていてとても分かりやすいですね。開始から100分と言う長丁場で前半戦が終了しました。



後半戦は「男唄」です。アップテンポな楽曲が中心の構成で会場内は大盛り上がりでした。花道やトロッコで観客の至近距離から水をぶっかける恒例の企画や激しい演奏からのピック投げ(綺麗に飛んでた!)、曲終わりの爆発音、会場全体を覆い尽くすモニターやレーザービームなどの照明、紙吹雪などなど、観客が盛り上がる様々な演出が我々男どもを楽しませてくれました。

途中、年齢や居住地を問いかけるコーナーが有り、最後に恒例の「○貞くん」の確認です。今年も沢山の「童○くん」がいましたね。このコーナーの福山さんの顔が一番楽しそうな印象でした。


この日は11年ぶりに「風を探している」を歌ってくれるなど久々の曲も披露したようです(常連じゃ無いと分かりませんね・・・)。

会場には「福山大明神」がありました。

まとめ

私は最初にライブを見たのが2年前の最初の「野郎夜」でしたが、今回は3回目と言うことで福山さん本人も気負うこと無く平常心でやっていたような気がします。最後の方で「今年はあんまり良い年では無かったかも知れない」というMCがあったのが印象的でした。これは低視聴率に終わったドラマのことでしょうか・・・?最終的には「良い1年だった!」とまとめてましたが、本音が垣間見た瞬間で、これはまた素直な気持ちが出ていて逆に好印象でした。

昨年はソールドアウト、今回は18000人のキャパに約1500人届かなかったと言うことで、これをネタにして私たち来場者を笑わせてくれました。こういった所がファンを増やしていくのでしょうね。

友達を3人連れてくれば「5万人」も夢では無い!ということで、今後の野郎夜に注目ですね。

聴きたかった明日のSHOWとかIT’S ONLY LOVEは演奏しなかったけど、また来年も行ってみたいと思ってます。終わらないでいて欲しい企画ですね。

しかし、男臭くて参った・・・。本日のセットリストはこちらです。


 

ライブ終了後には中華街がオススメです。