【購入記】丁寧な仕事に感動!念願の「白山眼鏡店」で眼鏡を作った話し

購入するきっかけ

大人になって眼鏡を作るなら「白山眼鏡店(はくさんがんきょうてん)」と決めていました。
ジョンレノンがこのお店のオリジナルフレームを愛用していたことは有名な話しですが、随分前からジョンと同じお店で眼鏡を作りたいと思い続けていました。国産眼鏡で有名なお店は他にも「金子眼鏡」「999.9(フォーナインズ)」「増永眼鏡」等が有名ですが、そんな理由もあって以前から「白山眼鏡」と決めていたのです。

ちなみにジョンが使っていた白山眼鏡のモデルは「メイフェア」と言うものだったようです。

こちらの記事が参考になります。

ちなみにこのエピソードに対するこだわりは結構強いようでして下記のブログ記事まで上がっております。

メイフェアに対するこだわりは相当なもの

本店に突入です

フレーム選び

さて、白山眼鏡店の本店にいざ突入します。アメ横の喧騒もお店の中に入れば別世界です。ビル一棟丸ごと白山眼鏡店ですが、フレームは店舗の1階中心に所狭しと並んでます。店員さんからは色々試して良いとの許可が出ますので、鏡を見ながら試していきます。好みのフレームを時間かけて選んでいきます。結局決めたのはLAPELというセルフレームでした。

検眼

フレームが決まったら「検眼」に移ります。

エレベーターで3階まで昇り、かなりの時間をかけて視力のテストを行っていきます。色のテストとか眼球の幅なんかも測りました。待合スペースに置いてあった「アサヒグラフ」がめちゃくちゃ昭和な古い号だったのがレトロで良い雰囲気を醸し出していました。

レンズ

その後は再び1階に戻ってレンズを選びます。私の場合、幸いにも軽い矯正に留まったので度数もそんなに高くありませんでした。店員さんの説明がポンポンと進んで行きますが、どうやらレンズはガラスよりプラスチックがスタンダードで、一番安い6500円/1枚のもので決まりました。2枚で13000円です(税込み)。

お値段は?

フレームの金額は31,320円でした。レンズの値段が13,000円なので「合計44,320円」がお会計となります。参考までに、店頭のフレームについているのは度無しレンズの2,000円が含まれていますので、今回の場合「33,320円」の値札でした。レンズを同時に購入すれば2,000円割引されますので、今回の料金となるわけです。※お店の値札は全て税込みです。

出来上がりへ・・・

私が購入した「LAPEL」は初回制作が2009年のもので、再製作品のようです。



中4〜5日で眼鏡が完成します。

とても良い感じの色合い。茶色とクリアのバランスが素晴らしいです。重たそうだけど軽くて掛け心地が最高。掛けている感じがしません。そして視界も当然良好です。


できあがって受け取りとなりますが、キチンと眼鏡を掛けていく作業〜「フィッティング」をして頂きます。このフィッティングがまた評判通り丁寧な仕事でビックリしました。何度もかけ直し、その都度店員さんが熱を入れて修正してくれます。耳に当たる部分や鼻の周辺、目との距離などを色んな角度でチェックしてくれます。


フレームには「白山眼鏡店」のロゴがスチールでしっかりと刻まれております。ジョンレノンに少し近づけたような気分です。嬉しい!


眼鏡ケースはサービスで頂けます。大きめのケースと小さめのケースの大きさは2種類。デザインや材質など10種類くらいの中から選びました。私が選んだのはこちら。外側は布地で刺繍の赤いマークが可愛らしいですね。


眼鏡拭きのクロスも頂きました、セリートと言うそうです。何とLPレコードの形です。さすが!!


 

こんな感じで収納するそうです。


 

 

おわりに

キチンと丁寧に作って頂いた眼鏡ですので、大切に使わせていただきます。

しかし、手に入れたばかりなのですが、新しくもう1本欲しくなってきました。サングラスも有りかなぁ?

他のお店ではもう買えませんね。素晴らしい製品だと思います。

r0000462
返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)
こちらの記事もご覧下さい。