【最強】汗止めヘアバンド「HALO」が非常に素晴らしいのでオススメします。

HALO(ヘイロー)

アートスポーツで何か面白い商品無いかなぁ、と物色していたところ面白そうな商品を発見しました。

一目瞭然の店頭什器を見ればすぐに「これは使えそう!」と視覚的にアピールしてきます。黒いマネキンの左は汗が目に入りまくりです。目に入りやすいような特注のマネキンなのかも知れませんが、私自身が汗が目に入ってくる悩みを感じていたので、瞬間的に「買おう!」となりレジに直行しておりました・・・。


slooProImg_20160922141840.jpg

HALOの機能

slooProImg_20160921195603.jpg
HALOの機能は大きく2つに分けられるシンプルなものです。

吸汗速乾素材

吸汗速乾性に優れたドライライン素材なので、汗を素早く吸収し、乾燥させる素材のヘッドバンドです。

銀イオン加工による殺菌効果もあるので、汗の臭いも防ぎます。

タイトシール


吸汗速乾素材に加えて、黄色のタイトシールが汗から目を守ってくれます。「スウェットブロック・シール」というもので、汗を左右に逃がしてくれますので目に落ちてくるようなことはありません。下の写真のようにヘッドバンドの内側にあり、素材はとてもソフトですので着用時の違和感やストレスは全くありません。

slooProImg_20160921195543.jpg

メリット

HALOを着用することで得られるメリットを整理します。

「汗が目に入ってこない」。

これが実にデカい、と言うか唯一のメリットですよね。汗は塩分を含むので、目に入ってくると染みて痛いのです。ランニング時にはこれが結構なストレスになります。さらに言うとロードバイクなどの自転車乗りにはさらに良いかも知れません。なかなかハンドルから手が離せない状況の時に着用すると、非常に安心感がありますね。サングラスをしていて汗が目に入ってくると、サングラスを取って目をこするとか出来にくいので、本当に助かります。また、日焼け止めや女性の化粧など、余計な成分が侵入してくることもなくなります。

秋冬のマラソン大会などでも、暑くて水をかぶったりする事もあるでしょう。汗だけでなくそういった場合でも役に立ってくれるはずです。ヘッドバンドはジャストフィット。ランニングやサイクリングのみならず、様々なスポーツに使えるのではないでしょうか?気持ちも締まった感じになってオススメのアイテムですよ!


 

 

サンバイザー

サンバイザータイプもあるようです。私は使ったことがありませんが、機能としては同様ですので、好みで使ってみても良いのではないでしょうか?