【蔵前】「HANARE cut stand」でヘアカットを体験〜カットスタンドという新しい文化

蔵前の複合施設「The EAST(ザ イースト)」

蔵前の複合施設「The EAST(ザ イースト)」。

1階に私の大好きなハンバーガーショップ「McLean”(マクレーン)」が入っている蔵前駅に近い場所に位置するビルです。併設する形でカフェ「LEAVES COFFEE APARTMENT(リーブスコーヒーアパートメント)」もありますが、本日ご紹介するのは3階にお店を構える「HANARE cut stand」というカット専門の美容院(理容室)です。



 

「HANARE cut stand」

「HANARE cut stand」は近隣の美容院「HACHI&CO」のスタッフがお店を運営しているまさに「離れ」。支店的なポジションの存在になるようです。


いわゆるカット専門店でシャンプーは無し。1000円カット店「QBハウス」のようなシステムのでカットのみ。予約は出来ず、なぜか「飲食可」という風変わりなルールです。1階のハンバーガーショップ店内から階段を上がって2階の飲食スペースをさらに上がっていくと3階にたどり着き、目の前に入り口のドアがあります。お店の入口がハンバーガー店という設計ですので、最初は戸惑うかも知れませんね。料金は看板にあるようにカットのみで男性3,000円、女性3,500円という設定です(料金は税込み)。

カットの流れ

入店すると、椅子に座って希望のヘアスタイルの確認を行います。店内は若いスタッフの方1名。お店の広さも割とこじんまりした感じで席はカット台は2席だけです。コンクリート打ちっ放しの部屋に落ち着いたインテリアが施されて居心地は良い感じです。


髪の毛に水をつけることもなくいきなりカットがスタート。手際よくカットが行われていきます。雑誌を渡されることもなく店内BGMのラジオがゆっくりと流れていきます。カットは丁寧でマジメなスタッフさんと言う印象です。

およそ15〜20分後にカット終了のアナウンス。襟足の産毛をシェーバーで処理してくれて終わります。切った後の髪の毛はシャンプーの代わりにドライヤーで飛ばしてくれます。そういえば美容院のドライヤーってこのブランド多いですよね。

まとめ

美容院や理容院のカットはシャンプーや髪の毛が痛むようなブロー、必要としていないマッサージなど、要望していない過剰なサービスが提供されているいると常々思ってました。カットだけを要望するユーザーにとって、「HANARE cut stand」という新しい文化が選択肢として用意されている意味は大きいと思います。こちらのリクエストに対応出来ない場面もあり、カット技術はそれほどお上手というわけでもありませんが、一定のレベルの出来にはなるお店だと思います。予約が出来無いという融通性に対応出来る方は一度訪問されてはいかがでしょう。混雑時にはハンバーガー店で待つと言う選択肢が取れる点はオススメです。

なお、お店は不定期で営業時間や休みが変動するようです。事前に電話やWEB(Instagram)で確認する必要があります。