【ハセツネ30K】本番の2週間前に試走してみた

ハセツネ30K

2017年4月2日(日)開催の「ハセツネ30K」に出場する予定です。初めての出場となるため、少しでも本番の対策になれば・・・と思い、本番のコースを試走することにしました。試走したのは本番前の3連休。東京都心が最高気温「19度」となった暖かい春の午前中に行きました。

JR.「武蔵五日市駅」から徒歩で15分ほどの地点からコースに向かって走り出しました。ざっくりとしたコースMAP概要は下記となります。地図の青いルートが「ハセツネ30K」のコースです。赤い矢印に記したように、ぐるっと周回するようなコース設計です。

スタート

「ハセツネ30K」の序盤は舗装されたロードを走ります。このロード部分が比較的ずっと続くという事前情報は持っていたのですが、結構ビックリしたのはそのアップダウン。


基本的にはずっと登り。しかも後半になればなるほど登り坂の斜度が厳しくなっていくというキツさがあります。


道幅もある程度この地域にしては確保されているようで(本番の状況は分かりませんが・・・)、ハセツネCUP本選の出場権をかけた「上位1000位内」への熾烈なバトルが繰り広げられる状況は整っているのでは無いでしょうか。


道路にはときおりレースの告知看板が設置されていて、本番間近の雰囲気を感じました。


試走しているらしきトレイルランアーもちらほら見掛けました。おたがいに挨拶してすれ違います。


山に入るとドギツい斜面(壁ですね)も待ち受けます。ココは抜けないだろうなぁ・・・。


景色はそれほど期待出来無いかも知れません。景色を見る余裕も無いでしょうね。

試走して気付いたこと

 

最初のロードを侮るなかれ

前半約10kmのロード部分。ここを突っ込んで順位を確保すべき、とされているようですが、平地では無いので侮ってはいけません。徐々に登りの斜度も厳しくなっていきますので、10kmの中でも後半にエネルギーを残した走りが良いと思います。最後の方、登りがきつくて非常にタフなコースです・・・。

ハイドレーションは必須か?

水分を適切に摂取しなければならないのがトレイルランですが、トレラン用ザックに飲料を入れ、飲みたいときに取り出してその都度対応していくことは結構面倒です。ココは江z比ハイドレーションパックをザックに入れてレースに臨むのが良いでしょう。タイムのロスが軽減されるのはもちろん。疲れて面倒な作業から解放されます。

ウェアについて

今回は比較的暖かい気候で試走しました。すれ違ったランナーのほとんどが下はコンプレッションタイツに短パン、上はシャツに薄いウィンドブレーカーのようなスタイルでした。ザックの中を調べることは出来無かったのですが、それほど重装備では無い印象でした。必須携帯のレインウェアはさておき、当日の天候状態も見ながら判断でしょうが、ある程度軽装で良いかも知れません。


全体的に路面の方はドロドロの沼も無く、乾いた土で荒れていなかったです。さらに私が試走した翌日はボランティアの方がコース整備に当たっていただいたようです。感謝ですね。

出場される皆さま頑張りましょう!