【UE900/SE215カスタマイズ】iPhone7 Plus用にイヤフォンをBluetooth化してみた

iPhone7イヤフォンジャック消滅

iPhone7になりイヤフォンジャックが消滅しました。これによってiPhone7、iPhone7 Plusを使っている多くの方は新しくBluetoothイヤフォンを購入するとか、変換アダプタを介して愛用のイヤフォンを使い続けているとか、色々と対応が分かれているかと思っております。

Bluetoothイヤフォンは手の届きやすい商品が沢山ありますし、そこそこクオリティが良くて一定の満足感も得られるのではないでしょうか。私も実際に安価なBluetoothイヤフォンを購入して使用してみましたが、なかなか良い商品だと思いました。


しかし、私はやっぱり自分の好きなイヤフォンで快適に音楽を聴きたい!と言う気持ちが強く、「自前のイヤフォンでBluetooth化出来無いものだろうか?」と考えました。そんなニーズに応えようとしてくれるメーカーさんもいるようで、国内でも下記のような商品が販売されてました。しかし、ちと高いです・・・。
 

中国通販で発見!

色々悩んでいたら、今流行の越境EC〜「中国通販」のサイトでこちらの商品をで発見しました。しかも3000円台という安価な値段です。結果的には到着まで「約1ヶ月」という長期に渡った取引でしたが、とにかく手元に到着しました。中国通販についてチャレンジしてみた記録は次にまとめております。


到着した商品はこちらのようにシンプルなパッケージ。説明書もなく、袋に接続方法だけ書かれているような素っ気なさです。

img_0907

簡単接続

実際に接続してみましたが、操作は簡単です。iPhone7の新形式にも対応しており、設定からBluetoothにいって下記画面上で接続するだけで簡単。接続時にはパッケージに書かれている通り「中央のボタンを9秒間押しっぱなしにする」のをお忘れなくお願いします。

img_0906

実際に接続してみた

UE900

はい、それでは実際に私のiPhone7 Plus接続してみました。試聴の状況は問題ありません。音質も良好で非常に感動!

耳にイヤフォンを装着すると、クリップなども無いのでリモコン部分がそこからぶら下がることになってしまいます。しかし、商品自体が非常に軽いのでSHURE掛けするとまったくストレスを感じずに問題ない状態です。

iPhone7 Plusから離れても接続状態は何ら変わらず、室内で扉を閉めて離れても問題なし。約10mほど離れてもビクともしませんでした。かなり強固な接続状態ですね。再生時には青いランプが常時ゆっくりと点滅します。装着している場合、自分からはまったく見えませんので気になる点では無さそうです。自由に動き回って音楽を聴ける快適さはなかなかのもの。部屋の掃除タイミングとか料理時などでは自由度が高まりそうです。

img_0908

SHURE SE-215

同じように愛用しているSE-215 でも試してみました。こちらもまったく問題無しです。純正のケーブルより若干高域が協調されるような気がしますがほとんど変わりがないような印象です。

img_0911

注意点

1つ大きな注意点です。接続時のアナウンスや電話着信時、バッテリー切れの警告アナウンスなどは「女性の声で中国語アナウンス」が飛び込んできます。最初はビックリしますが、この辺を気にされる方はいらっしゃるかも知れませんね。

また、左右の接続に悩みます。私の個体は「+」側がRでした。個体差がある可能性もあるのでこちらも要注意ですね。

それからリモコンの操作は音量だけでスキップや再生停止などは本体側でコントロールが必要です。色々と制約がありますのでご注意下さい。

 

まとめ

私が購入した時点での価格は「送料込みで3342円」。非常に安いケーブルです。到着まで約1ヶ月間かかりましたが、それさえ我慢出来ればBluetoothケーブルの活躍する場面は多そうなので、必要な方にとってはお得な買い物かも知れません。ただし、中国通販については色々なトラブルがついて回るのもまた現実のようです。こちらは自己責任でリスクを理解した上でチャレンジする必要があるでしょう。その辺を承知の上で取引し、掘り出し物に当たった場合の喜びは大きくあると思います。その辺が魅力的ですね。

 

 

AliExpress.com Product – Newest Replacement Wireless Silver-plated Cable MMCX Bluetooth Cable for Shure SE846 SE535 SE425 SE315 SE215 UE900 Earphones