【オススメ】iPhone7 Plusにピッタリの「ランニングポーチ」を発見!

iPhone7 Plus

iPhone7 Plusを購入してしばらく経過しました。

購入当時は色々とインプレッションを書きましたが、1つ抜けていたことをここでフォローさせて頂きます。

過去書いた記事はこんな感じです(偉そうだ)。


ランナーにとってのiPhone7 Plus

抜けていた点、それは「ランニングするときにiPhone7 Plus持って行けないじゃないか!」ということです。

そう、私も毎回ではありませんが、iPhone6保有時代はたびたびポケットに入れて走っておりました。私のランニングパンツのお尻部分にあるポケットに入れると非常に収まりが良いのです。しかし、さすがにiPhone7 Plusはポケットに入らない・・・。しかし、カメラ機能が優れているので風景写真も撮りたいし、音楽も聴きたい、POKEMON GOの距離も稼ぎたいし・・・、となればやはり持ち歩きたくなるものです。喉が渇いたときに使える電子マネーも使いたい機能ですね!

と言うことで持ち歩きの方法を考えるべく、色々なお店を渡り、商品を手に取り探しました。その結果オススメの商品をお届け致します。

ウエストポーチ

ランニング用のスマホケースで「アームバンド型」がありますが、個人的には購入すべきではないと考えております。これは、左右バランスが悪くなることが大きいですね。それから腕を振る動作が消極的になります。腕を振ることで推進力を上げていくわけですから、腕に何かあることはデメリットです。

私がオススメするのはウエストポーチ型です。腰骨の上に乗せるような感じでウエストに巻き付けるタイプのものです。今回のオススメ商品は「NATHANS」と言うアメリカのブランドが販売する小さなポーチです。

img_1018

NATHANSのウエストパック

今回ご紹介する「NATHANSのウエストパック」は非常に伸縮性の高い生地が使われており、平常時は上の写真のような細長い状態です。「こんな小さくてモノが入るのか?」と言うレベル。少々心配になる大きさです。

iPhone7 Plusが入るかの前に、中の構造をご紹介します。

ポケット

タブレットや硬貨の入る小さなポケットが1つあります。

img_1017

キーフック

内部に固定されたフックが1つついています。家の鍵を付けて収納する形が良さそうですね。→感じにライトを付けて走るのは・・・、ちょっと無理かな。

img_1016
 

iPhone7 Plusがピッタリ収納

さて、本題のiPhone7 Plusを入れてみた写真の公開です。どうでしょう、ピッタリサイズです!

ウエストのサイズは簡単に調整出来ますし、ウエストのゴムが少しだけ伸縮するタイプの素材でカラダにフィットし安くなっています。全体的に使われている素材が良い感じです。

実際に走ってもカラダにピッタリとフィットしていて走行時には全く気になりません。カラダにピッタリと張り付いているような感じです。

img_1015

弱点

実際使ってみて弱点がひとつあることに気がつきました。ジッパーの持ち手部分が小さすぎて開閉しにくい点です。走りながら収納しているサプリを取り出す使い方には少し扱いにくい場面があるかも知れません。こちらはご注意して購入判断してみて下さい。

また、新品で購入したので生地の強度については確認出来ておりません。木の枝などに引っかけると弱そうな生地かも知れませんね。

まとめ

安価でiPhone7 Plusをキッチリと収納出来るこちらのウエストポーチ。iPhone7 Plusユーザーであれば選択肢の一つに入るような商品かと思います。iPhoneだけではなく、マラソン大会などでサプリを入れて走る時でも普通に使えるのでは無いかと思います。値段が非常に安いので、試し買いして使ってみるのもアリではないでしょうか!