【勝手にランステ評価】「グランミール〜Running Station & Recovery Cafe Grunmeal」(駒沢公園)

都内で最も走りやすいランニングコースは「駒沢公園の周回2,110mコース」だと個人的に強く思っております。信号のない少しだけ起伏のある周回コースは誰にも邪魔されない設計です。かなりのエリートランナーも使っているコースですので使う頻度も多くなっています。

競技場内のトレーニングルームはロッカーや更衣室シャワーもあって2時間450円で使えますが、超過1時間ごとに220円掛かってくるので、LSD練習などでは結果的に高くついてしまう場合があります。リサーチもかねて駒沢公園エリアで唯一のランニングステーション(ランステ)「グランミール」さんに行ってみました。

Running Station & Recovery Cafe Grunmeal

「ランニングステーション&リカバリーカフェ グランミール」は駒沢公園唯一のランステで、西口の正面に構える至近にお店を構えております。


お店は道路に面した2階にあります。階段を上って入ります。


2階を上がるとカフェの空間が広がっています。

ランステは反対側の一部のコーナーです。


男女別の部屋に分かれていますが、ランステコーナーは私が過去訪れた中で最も小さい規模でした。ロッカーは全部で18個ありますが、1つ当たりが小さいので大きな荷物があると厳しいかも知れません。大人4人程度の着替えであれば快適なのでしょうが、それ以上だと狭く感じるでしょう。

室内はクーラーが効いていてとても快適な室温です。それからかなり清潔に管理されています。この点は評価出来るのではないでしょうか。


そして、シャワーブースは2つしかありません。4人組で来るとシャワーを待たなければなりません。あと2つあれば上手く回転するのでしょうが、この点が非常に残念です。

シャンプー系は「ダヴ」が置かれていました。洗顔料も珍しく置いてありましたがこちらは「男の泥パック」でした。


ランニング後は先ほどのカフェで食事が出来るようです。今回は別のお店に要ったので分かりませんが、健康的なメニューが並んでいて清潔溢れるお店でした。


カフェにある冷たいお水を頂きました。美味しかった!

まとめ

ランステとしてはシャワーブースが2つという点が非常に残念ですし、小規模なランステですので、混雑すると大変な事になりそうです。清潔な室内と、それを管理するオーナーさんらしき老夫婦の丁寧な接客も非常に好印象でした。

朝6時から営業している店や少人数で使うケースなど、利用するシーンによっては使えそうです。カフェコーナーもこだわりを感じるメニューや内装でしたので、ランニング後にお世話になるのも良いでしょうね。