【連続シリーズ】素人オヤジが靴作りに挑戦してみた〜4回目〜

素人オヤジが靴作りに挑戦するシリーズの4回目。

前回の様子はこちらをご覧下さい。

4回目となるこの日は選んだ革の裁断です。銀ペンでマーキングした線の内側をナイフで切っていきます。しかしこれがなかなか難しい作業です。ナイフが斜めに切り立った形状であることに加え、切り過ぎてしまうことへの恐怖感から、ついつい余分な革が出てしまうラインになってしまいます。

しかし、先生に悩みを相談した結果、ズバリ綺麗なカッティングが出来てしまいました!どんな方法で解決したかというと、裁断する革の向きを反対にしたら「全て解決!」となったのです。向かって左側に切れ端となる部分を配置し、実際使う革を右側になるようセットします(右利きの場合)。これでOK!!

 

キチンとカット出来ているか、先生がじっと視線を送っています。


手縫いの糸を通す穴も仮靴と同様に進めていきます。1つ穴を開けるのにハンマーで2回叩いて穴を開ける作業です。この作業が意外に時間が掛かるのです。


銀ペンが乗りやすい革、そうで無い革があって、難儀したのが靴底に選んだグリーンの革。見えなくなることもあるくらいインクの乗りが悪いのです。見えない時は型紙を乗せて改めてマーキングしながら穴を開けていきます。


裁断した革の断面を綺麗にする処理は「オーリー」という薬剤を使用します。白い液体で革のザラザラした部分をツルッとさせるのです。


革の処理が終わったら、仮靴で苦労した踵部分のミシン掛けです。下に写真を載せましたが、非常に苦労した結果の写真です(出来がイマイチ)。洋裁のミシンと比べて非常に難しいですね。勉強しないと・・・。


踵部分は隠れる仕様にしているので安心ですが、なかなか不出来な縫い目で納得がいきませんね。


ミシンで縫い直しもあって時間が掛かりました。今回の仕事はここまで。


すこ〜し出来上がりのイメージが浮かび上がってきたところで4回目の授業は終了です。