【連続シリーズ】素人オヤジが靴作りに挑戦してみた〜6回目〜

【連続シリーズ】素人オヤジが靴作りに挑戦してみた〜6回目〜

前回の様子はこちらをご覧下さい。

台風直撃間近のタイミングでしたが、教室は女性3名と私で満員です。
今回は入りづらいガールズトークのおかげか、黙々と作業に打ち込むことが出来、成果の出た回となりました。

かかと部分

前回考えた靴底の仕様の通り、スポンジ+ゴム素材を接着する工程からはじめます。ノリに硬化剤を混ぜてそれぞれ塗ります。乾くまでに20分〜30分かかります。


乾かしている間に、すっかり剥げてしまったマーキングを銀ペンでもう一度引いていきます。


 

乾燥が終わると専用の機械で圧着させます。圧着したあとに接着面をやすりで綺麗にしていきます。電動やすりの登場です、楽しい!


やすりで磨くとご覧のようにツルツルになって一体感が出てきました。

ソール部分

かかとの次はソール(底面)部分です。これも同じようにノリで接着します。


かかとと同じように、乾かしている間に別の作業を進めていきます。今度はインソール(中敷き)を作ります。先生が土踏まずの膨らみをつけて型紙を作ってくれました。私はそれを切り抜いていきます😊


底面が乾燥したタイミングをみて接着します。


かかとで行った圧着も同様に行いました(先生作業)。


接着したらざっくりと余分なゴムとスポンジを切り取っていきます。


そして電動やすりを使って磨いていきます。今回は約5ミリほどの余分が出ている状態だったので、荒い方のやすりから使っていきました。荒い方のやすりはガリガリと削れていくので、削りすぎに注意しながら進めて行きました。


 

インソール(中敷き)

その後は、インソール(中敷き)の革を選んで裁断します。徐々に形になってきました。


今回はこれにて終了です。

靴底とアッパーを先生が念入りに見てくれています。自分では、かなり良い感じだと思ってますが、先生は何を思っているのでしょうか?横に座っていた生徒さんからもお褒め頂きました。


次回へ続きます・・・。いよいよ最終回!