【最強温泉】万座温泉日進館のバスツアーは格安&最強

草津温泉と並んで東日本屈指の温泉と称される「万座温泉」。

いつか行きたいと思いながらもなかなか機会に恵まれませんでしたが、格安のツアーを発見して今回やっと念願かなって行くことが出来ました。

特別価格の格安ツアー

私がよくチェックする旅行サイト「Travelzoo」です。


様々なツアーを厳選して紹介される毎週水曜日のメルマガは信じられないようなお得情報が埋まっておりますが、今回のツアーもここで紹介された記事を見て申し込みました。

 

ツアー内容

ホテル:万座温泉 日進館

部屋タイプ:ゆけむり館和室7.5畳

日数:1泊2日

旅行期間:土曜チェックイン〜日曜チェックアウト

時期:1月中旬

交通:新宿発直行バス往復交通費込み

料金:13800円 ※2食付き(夕食・朝食)・税金・入湯税込

 

往路

土曜日の朝9時に新宿からバスが出発するスケジュール。集合場所近くのドトールコーヒーで朝食を買い込んでバスに乗車。今回のスケジュールはこちらとなります。

 

bus_map_new

 

新宿を出発して2回の休憩を挟み、13:30に到着するという今回のスケジュール。1回目の休憩は「上里SA」。約15分ほどの休憩時間で出発します。今回のバスはこちらのバスです。


 

関越の渋川ICで下りたあと、2回目の休憩は「浅間酒造」さん。


 

宿に到着

休憩二回挟んでほぼ時間通りに到着しました日本一の高地温泉、万座温泉「日進館」。


 

入館後すぐに大広間に通されます。名前の書いてあるテーブルに座って係員の方の説明を受けます。宿泊票と部屋の鍵が置いてあります。なんと、当初のゆけむり館ではなく「南別館」の鍵と言うことで当初より広い部屋に変更されておりました、ラッキー!

14時になってすぐ部屋に向かいます。部屋は普通の和室(10畳)。

 


 

窓からの景色はこんな感じです。


 

テレビの横にあるのは冷蔵庫。コップも冷蔵庫の中に格納されておりました。


妙にデカイゴミ箱。便利に使わせてもらいました。


 

ポットのお湯が沸いていて気配りを感じました。すかさずこちらを頂きました。


 

slooProImg_20160124221837.jpg

無料宿泊券が当たるお楽しみ抽選券も付いております。


 

夕食はバイキング

 

そんなに期待していなかったバイキングでしたが、総じて良い夕食になりました。

 

お湯は断然日進館だが、眺望はプリンス。プリンスのお湯はプールの底みたい。よなよなビール400円は買い!

 

いわゆる普通のバイキングです。


 

個人的にはこちらの「お茶漬けコーナー」が推しです!


 

お蕎麦は湯がいて温かいそばつゆを掛けて頂きます。色んなトッピングも選択可能です。


 

デザートも沢山ラインアップされておりました。コーヒーも用意ありましたね。


 

slooProImg_20160124221858.jpg

職人さんが構える寿司コーナー


 

 

ドリンクメニューは別料金で色々チョイスが可能です。


 

 


 

 

日進館の食事BEST3

個人的なメニューベスト3を選んでみました。
【第1位】お茶漬け
slooProImg_20160124221856.jpg

自分で好みのお茶漬けを作ることが出来ます。色んな具材が用意されていて、だし汁を掛けて食べるスタイルです。美味しかったのですが、朝ご飯のバイキング時にはありませんでした。期待していただけに残念・・・。

 
【2位】ドーナッツ

夕食のデザートコーナーに置いてあったドーナッツ。外側がサクッとした食感で、中はふわっと。コーヒーとあわせて頂きましたが、他では頂けないお味ではないでしょうか?

 
【3位】温泉卵

温泉地ならではの一品。手作りなのか、黄身の状態が卵によってバラツキありました。こちらは朝食限定のメニュー。

 

肝心の温泉は?

日進館の温泉は3カ所です。

1)極楽の湯〜本館より徒歩3分。洗い場が無い温泉

2)満天の湯〜新館にある温泉

3)長寿の湯〜入り口近くの最も大きな大浴場

 

どれも硫黄の香る白濁したお湯で素晴らしい泉質でした。

 

万座プリンスより圧倒的に日進館のお湯が素晴らしい!

近くの万座プリンスにも出向いてみましたが、温泉の良さは圧倒的に「日進館に軍配」です。唯一プリンスに分があるのは「展望」ですね。広く景色の臨める露天風呂「こまくさの湯」は素晴らしい景色が拝めます。ただ、浴槽部分がスイミングプールのような感じの作りだったので残念。お湯の方もイマイチ満足出来ませんでした・・・。誰もが日進館のお湯を推すことでしょう!

 

ここだけのアドバイス

大満足の2日間でしたが、下記に注意頂くとより満足度が高まるのではないでしょうか?

 
飲み物は観光地価格
お茶などのペットボトルは210円、缶ビールは350円。自販機の価格はやはり観光地価格でした。お部屋の冷蔵庫に収納可能ですので、少しでも節約されたい方は持ち込稀たほうが良いかと思います。
部屋の乾燥には要注意
部屋はかなり乾燥しております。濡れタオルを作って部屋の中に置くなどの対策はマストですが、それ以外の準備も必要かも知れません。

冬のホテルや寝室の乾燥対策は?加湿器を使わない加湿方法を紹介!


防寒対策
ホテルの中は温かいのですが、一歩外に出るとマイナス10度の世界です。防寒対策をキチンとしておくと外への散歩などが可能です。飼い慣れたウサギがいるので、こちらも楽しめますね。


 

万座は本当に素晴らしい温泉地

何回も温泉につかって疲れを癒しました。安くて近くて満足出来る温泉。今後もお世話になりそうです・・・。

 

雪深く、気温はマイナス12度とか・・・、寒い!