【先着必勝】ランネットでマラソン大会エントリーを確実に行う方法

ランニング・マラソンブームは成熟期に入り、誰もが気軽に始められる身近なスポーツになりました。スポーツショップに行ってシューズを買えばすぐに始められる点で、ランニングはとても手軽なスポーツです。

空き時間に軽くジョギング、と言う方でも習慣化すると、友人知人や色々なメディアで「大会出場」という事を意識し始めるのではないでしょうか。多くの大会が初心者でも気兼ねなく参加出来るようになっています。まだ経験がない方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

先着順システム

マラソン大会として有名な東京マラソン、大阪マラソンなど、主要な大規模大会はほとんどの場合が事前登録の上「抽選形式」を取っております。最も人気がある東京マラソンではその倍率は10倍以上にもなり、参加すること自体が難しくなっています。

しかし、その他多くの大会はエントリー開始時間が設定された「WEB先着エントリー制」になっています。つまり、インターネットからいかに早くエントリー手続きを行えるか?と言うことなのです。いわゆる「クリック合戦」とか「0次関門」と言われるものですね。受け付けるサイトは日本最大のランニングポータルサイト「ランネット」、大会によっては「スポーツエントリー」が多くあります。

 



infoheader

 

行列画面

先着順エントリーを行っている有名大会ですが、例えば以下のような大会となります。

湘南マラソン、つくばマラソン、北海道マラソン、富士山マラソン、奈良マラソン、高知龍馬マラソン、静岡マラソン、勝田全国マラソン、板橋Cityマラソン、とくしまマラソン、篠山ABCマラソン・・・。

最大手のマラソンエントリーサイト「Runnet〜ランネット」には人気大会のエントリー開始時にアクセスすると、ご覧のような画面「行列画面」が繰り返されます。

スクリーンショット 2016-07-24 20.00.28

 

この画面が出てきたら、次の画面に遷移するまで「行列に並んで待つ状態」ということになります。場合によっては定員により「受付終了」になってしまうのです。これはスポーツエントリーも同様。今回はこの先着システムをどうやって勝ち抜いていくか?をまとめてみました。

 

気をつけたい5つのポイント

この先着順エントリーシステムですが、エントリー受付時間になって普通にアクセスしていたらほぼ「時間切れで受付終了」となってしまうでしょう。なぜならば、独特なシステムになっているからです。ここで、先着エントリーに勝つための「5つのポイント」をお伝えいたします。
(1)事前に登録&ログイン
まずはじめに、出来れば開始30分前には事前にエントリーサイトでログインしておきましょう。会員になっていない方はアカウント登録も行う必要がありますので、早めに手続きしておきたいところです。これを行っておかないと、エントリー受付中の混雑時に行う羽目になりますのでご注意下さい。
(2)登録情報の再確認
事前にログインしていても、登録情報の再確認は必要です。陸連登録者は毎年番号が変わるはずなので、入力済みの古い番号を更新しておく必要もあります。また、所属チーム名、緊急連絡先、クレジットカード情報、過去の戦績(フルマラソンのタイム等)、参加賞のTシャツサイズなども大会によっては必要になります。事前に整理しておくとスムーズかと思います。
(3)エントリー時間を忘れない
エントリー時間を忘れたら元も子もありません。「Googleカレンダー」のようなサービスを使って、事前に開始時間の前に通知が来るような体制を自分で作っておきましょう。私の周りでも「忘れてた!」と言う話しを良く聞きますので、くれぐれもご注意下さい。
(4)スマホとPCの2台体勢
後ほど説明しますが、エントリーの確率を上げる為にはパソコンとスマートフォンをそれぞれ同時に使う「2台体勢」をオススメいたします。もちろんどちらもログインしている状態で開始時間を待ちましょう。もちろん普段日常的に使っている端末になるでしょう。
(5)時間前から時間差アクセス
さて上記(1)〜(4)全て確認した上でいざアクセスに移ります。この時はPCかスマホいずれか1端末からエントリー画面にアクセスします。アクセスする時間はエントリー開始時の5分前程から行います。エントリーページを表示している場合は「再読込」ボタンを押します。また、もう1台の端末からはその1〜2分後に同じようにアクセスします。つまり、時間差を付けてアクセスするわけです。

前述した〜ただいま大変混雑しております〜という「行列画面」が出なければ問題ないですが、たいていの人気大会では30秒ごとにステイタスが更新される「行列画面」となります。そのまま待って様子を見ましょう。時間前にエントリー画面に行ってしまえばすぐに「再読込」して行列の後ろに並びましょう。2台それぞれ時間差を付けて並び直すと言う体制です。

その後、開始時間以降無事にエントリー画面に移行出来れば成功です。必要事項を入力してエントリーを済ませましょう。2台体勢なので順番待ちの時間差を付けるという意味で可能性が2倍に上がるというアクションです。
(6)行列画面でのマナー
最後に「行列画面」でのマナーを整理します。

まず、くれぐれもブラウザの「戻る」ボタンを押す、ブラウザを「閉じる」などの行為は行わないで下さい。行列の最後に並び直すことになりますので、せっかく事前にアクセスした努力が水の泡になります。

また、行列画面にある「再読込」ボタンを押すのはやめましょう。この画面が出たら「ひたすら待つ」ことに徹してください。

 

さて、いかがだったでしょうか?

私のこの作戦、個人的には100戦100勝の完全プランです。是非ご参考頂き、クリック合戦に勝利して頂きたいと思います。健闘祈願!!