【虎ノ門名店】そば処港屋 で「もり(600円)」を注文してみた

そば処港屋 MINATOYA

虎ノ門の立ち食い蕎麦店「そば処港屋」。お昼時には大行列でなかなか足が向かないお店です。しかし一度でもこちらの蕎麦を食べた人ならそのインパクトに驚き、味に魅了される方も多いでしょう。

お店は新橋から15分、最寄りは虎ノ門駅で虎ノ門ヒルズの目と鼻の先にあります。看板も無いお店で非常に分かりづらいのですが、間違いなく長い行列が見えるのですぐに気がつくはずです。

16時過ぎは行列が見えません。店内に数人並んでいる状況でした


小さい表札が掲げてあります。「Minatoya」と読めます。

メニュー

メニューは幾つかありますが、人気のメニュー「温かい鶏そば」は遅めに行くといつも売り切れです。正直言ってこの「鶏そば」じゃないとみなと屋では無いと言って良いほど秀逸な完成度を誇る蕎麦です。予想通り16時なので「完売」。私の場合、この状況だと「冷たい肉そば」(豚肉です)に行くのですが、今回注文したのはシンプルに「もり」(600円)。私も長く通っていますが初めて注文して見ました。

もりそば

レジ兼受け取り場所で店員のお姉さんに「もり」を注文し、お金を払ってすぐに受け取る立ち食いそば店的なスタイル、そうここは立ち食いそばのお店なのです。鶏そばや肉そばはどんぶりに入って提供されますが、もりの場合はご覧のようなつけそばスタイルです。


港やの店内はおしゃれ感を演出しているのか、結構暗めで下記の写真が実際の暗さに近い状態です。大きな四角いテーブルを囲むようにお客さんそれぞれが立ち食いでそばを啜ります。


そばは太くてコシの強いそば。良もそれなりの量が盛られてきます。


そばつゆは味が甘めで濃くてラー油の辛さが特徴的。このそばつゆこそが港や最大の特徴で、私たちを病みつきにさせるのです。途中で生卵を入れたり、揚げ玉を入れたりと味の変化も楽しめます。


以前は生卵は入れ放題、そば湯もポットに入っているモノを各自で入れていましたが、いずれもトレイにぽんと置かれていてなんだかシステマチックになっていて少し残念。

盛りそばはシンプルすぎて、ちょっと物足りませんでした。「海苔もり」「胡麻もり」で変化を付けても良かったかなぁ、と若干の後悔。しかしやはり王様メニューの「鶏そば」が正解ですね。行列しなきゃ!

 

 

そば処港屋そば(蕎麦) / 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2