【御徒町】「鳥喜」の焼鳥と接客サービスについて

鳥喜(とりよし)

平日は木曜日の20:30頃、「ま〜ちゃん」に1人入ろうと思うも、相変わらずの満席で入った店がすぐ近隣の焼鳥店「鳥喜」。幸いにもカウンター1席空いていたので入店できました。テーブルにも空席が有り、この時間だと余裕があるようです。

まずは瓶ビールを注文。それほど冷えていなくて残念。お通しらしい大根おろし(粗め)が来ましたが、これはなかなか料理に合って美味しかったです。オススメ料理を聞いても「全部」と帰って来たので、仕方なく自分でチョイスして適当に注文。料理のメニューが多くて悩みます。

注文

レバ刺しは800円。これはなかなか新鮮で美味かったです。切り方もかなりざっくりとしていて口いっぱいに優しいレバーの味が広がります。ニンニク醤油で頂きました(選べずの1択)。


ここからは注文した焼き物が順次提供されますが、残念ながら部位の説明はなく、親方が「はいお待ち」というような声掛けでお皿に盛られて出されました。

レバーとハツ。


全体的に塩味が濃いめでした。もう少し少なめが好みです。残念ながら「背肝」は売り切れでした。

皮は普通のとネットリした皮の2種類あるようです。こちらはネットリ系。唯一「ネギトロ」と親方が声掛けしてくれました。


せせり


ぼっちの特製タレ。唯一のタレでしたが濃いめでなかなか香ばしいお味。好きです。


焼きおにぎり(400円)。これは満足の1品でした。中まで味がついていて外はカリッと!


他のお客さんが帰りしなに予約を取る取らないでお店の女将さんと話しするのが聞こえてきましたが、当日キャンセルで参っている模様で、当日の13時から電話で連絡したら受け付ける、と言うような話しでした。しきりに「食べログのお客はどうのこうの」みたいな話しで、顔の知っている常連ならさておき、名前も知らないあなたの予約は取れないというような話しです。なんだかそのやりとりがとても客商売的な愛情が感じられず、少し引いてしまいました。もっと暖かい対応をしてあげれば良いのに・・・。

焼き鳥のお味的には全体的に味が濃いめなので、好き嫌いがあるでしょう。瓶ビールを2本頼んで4000円強のお会計でした。途中から変化したお店の雰囲気には残念。再訪は・・・。

鳥喜居酒屋 / 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0