【カメラ女子必見】PERFECT PHOTO RECIPES BOOK(野寺治孝著)が面白い!

良い写真が撮りたい。

綺麗な写真を見せたい。

スマートフォンが普及して、TwitterからInstagramに流れている昨今の状況を見ると、地球の歴史上最も写真が撮られている時代を築いているのでは無いでしょうか。

私たちのほとんどは学校の授業で写真の撮り方を学んだ経験も無く、ただ構図を無意識に決め、それぞれ勝手に植え付けられた良い写真のイメージでシャッターを押しているのでは無いでしょうか。

自分が思う「良い写真」と見る人が思う「良い写真」は恐らく完全にミスマッチしていて、それはただ「写真撮影の抑えるべきポイント」を知らない事によるものだと気がつきました。

今回ご紹介する「PERFECT PHOTO RECIPES BOOK」を読むと、写真撮影がいかに感覚的かつ論理的なものかを理解することが出来ます。右脳も左脳もフル活動してカメラを持つ。あぁ、カメラ面白い!と言うことに今更ながら気がつかされる、私にとってまさに「珠玉の1冊」となりました。

PERFECT PHOTO RECIPES BOOK

パーフェクト・フォトレシピブックと銘打たれた本書は「レシピ」という言葉通り、1枚の写真がどの様に撮影されたのか?ということをレシピのように「順番に」紹介されています。

これまでこう言った種類の本に数多く触れてきたわけではありませんが、カメラマンである著者の野寺治孝氏が何故?どの様な点に留意して?どうやって?撮影したのか整理されて書かれています。これがとても面白い。


被写体の選び方、構図、ピント合わせ、色味、水平の取り方、手ぶれ、コントラス・・・など、写真ごとに考えるべきポイントは多くありますが、良い写真とはいかに考えられて撮影されているのかが手に取るように確認出来ます。


撮影のポイントが整理されて書かれていて分かりやすいです。美術館の音声解説のような感じがして、これは手放せない良著だなぁ・・・と何度も思いながら読み進めていきました。この書がないと写真の面白みや深さが理解出来なかったと言っても過言では無いです。

カメラを持っていて良かったと思える書籍です(もちろん写真集としても素晴らしい!)。そしてサッと撮影できる機動力あるカメラを持ってて良かったです。※GR2の記事は下記より参照下さい。

http://mass-life.com/blog-dejital-camera-ricoh-gr2//a>