【アウトドア用バーナー】大きいけど小さいPRIMUS 「イータスパイダー」が素晴らしい理由

数多あるアウトドア用バーナーの判断基準は人それぞれでしょうが、色々使ってみて今回ご紹介するPRIMUS(プリムス) の「イータスパイダー」が最強だと思いつつありますのでご紹介したいと思います。

PRIMUS(プリムス) イータスパイダー P-ETA-ESP

PRIMUSは海外ブランドのように聞こえる方もいらっしゃるようですが、ご存知「岩谷産業」のブランドで立派な国産ブランドです。

数多く出しているPRIMUSバーナー群の中でも上から2番目にしっかりとした(重量のある)バーナーが「イータスパイダー」。登山やハイキング、アウトドアなどで重量は最大の敵となるわけですが、本体と鍋、蓋を含める重量が「655g」という決して軽くは無いアイテムです。
私はSOTOの「アミカス」というバーナーも使っておりますが、軽量のアミカスよりもこちらの「イータスパイダー」をオススメしたいと思いご紹介します。※2〜3泊の山行で50リットルほどのザックにパッキング可能な場合とします。

PRIMUS「イータスパイダー」オススメのポイント

PRIMUS「イータスパイダー」をオススメする理由をまとめてみました。

火力

とにかくパワーが強いのであっという間にお湯が沸きます。専用設計の風防が大貢献しているようで、様々な条件の中でも安定な火力をキープしてくれます。風を防ぐだけではなく、底の部分まで覆われている設計がポイントですね。底部が覆われていることで、周囲に熱を逃がさず効率的に火力を支えてくれている訳なのです。


燃費が良いので、使用するガスの量が減ります。結果的にガスカートリッジの数を減らすことができるので、結果的に軽量化を図ることができるのです。

使い勝手

さらに挙げておきたいのが使い勝手の良さです。着火は専用の点火器具ですぐに燃えてくれ、中が見える半透明のリッド(蓋)を見ながら火力の調整が手元でツマミを動かせる事ができます。専用のポット(鍋)はセラミックのコーティングがされていて質感良く、焦げ付きにくく汚れも落ちやすいものです。

赤色の樹脂製ボウルも熱に強く大きさもしっかりとあって様々な料理に対応してくれます。付属している全てで完結し、足りないものを購入する必要が無いパッケージ感が嬉しいですね。


さらに大きなポイントとしてはバーナーの安定感が抜群であると言うことです。ポットがしっかりと吸い付くように安定してくれるので、風が吹こうが誤って触ってしまったりしようが、キチンとバーナーに座ってくれます。荒天時にテント内で使っても安心です。

収納性

全てのパーツ(バーナー本体・OD缶スタンド・風防・ポット本体とフタ・樹脂ボウル・110OD缶)は風防をケースに代用してコンパクトに収納することができます。※収納サイズは「直径16cm×12㎝」です。

前述の小さなSOTOのバーナーを持っていても、ガス缶やポット(鍋)、シェラカップなどを別々で収納するのとほとんど変わらないことに気がつきます。そういう意味では「イータスパイダー」と言う選択肢は非常に効率的と考えることが出来ます。実際に使用してみると頼りになる存在として多少のかさばる大きさも納得出来るという視点も使うごとに生まれてきます。

まとめ

専用のクッカーが付いた実勢か価格は約15,000円(Amazon)。高いとみるか、安いとみるかは人それぞれでしょうが、一度使えば納得感のある買い物になることでしょう。

オススメのアウトドアアイテムですよ!