【2018年10月】池井戸潤「陸王」のテレビドラマ化が決定!

ドラマ化決定

2016年12月29日のニュースで発表されましたが、池井戸潤「陸王」のドラマ化が決定したようです。

 大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)の原作者・池井戸潤さんの新作「陸王」が、俳優の役所広司さん主演でドラマ化され、TBSの「日曜劇場」枠で2017年10月期に放送されることが29日、分かった。「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」の伊與田英徳さんがプロデューサーを務め、八津弘幸さんが脚本、福澤克雄さんが演出を手がけるなど大ヒットドラマのスタッフが再集結する。役所さんがTBSの連続ドラマに出演するのは1997年の「オトナの男」以来、約20年ぶりで、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を演じる。以下略〜MANTAN WEBより引用

Twitterの公式アカウントからも告知です。


 

ファンからの声も多数

発表直後から好意的なTweetがたくさん寄せられているようです。





スタッフらしきTBSの方も。気合い入ってますね、よろしく頼みます!


舞台となる「行田市」のアカウントからも・・・。

キャスティング

キャスティングは役所広司さんが発表されました。
こはぜ屋の4代目社長「宮沢社長」役での出演と言う発表でした。個人的な好みも含めて大杉漣さんを予想していたのですが、老練さという意味では役所さんの強みが出るのかも知れません、楽しみです。

この物語のもうひとりの主人公、ダイワ食品陸上競技部の「茂木」、ライバルの「毛塚」の両ランナーは誰が演じるのでしょう?シューフィッターの村野さんは?・・・など、興味は尽きません。今後の発表を心待ちにしたいと思います。

異例の早期発表〜その理由とは?

テレビ放送は2017年の10月と言うことで、10ヶ月以上先という随分早いタイミングでの発表です。通常は裏局の動向を見ながら編成するのが通例ですが、この時期に発表すると言うことは異例です。これには幾つかの理由が重なったのでは無いかと考えられます。半沢直樹と同じ枠「日曜劇場」で放送することが決まっていると言うこと、マラソン・駅伝ネタと言うことで秋冬の編成上最適の時期である点、さらに2017年1月1日に行われるニューイヤー駅伝2017(第61回全日本実業団駅伝)で撮影が行われる予定と言う点も見逃せません。もしかしたらコースのどこかに役所さんやランナー役の俳優さんがいるかも?

様々な話題を提供して「半沢直樹」と並ぶ高視聴率を狙っているのでしょうね。私も楽しみにしております!

こちらの記事も参照下さい。