【実録記】ロードバイクを購入してはじめてのオーバーホールをお願いしたら・・・。

2016年4月の宮古島トライアスロンに出場し、海風とスコールなど157kmの壮絶なレースに耐えた感謝の思いもあり、我がロードバイクを購入してはじめてのオーバーホールに出しました。

いろいろと悩んだ末に少し距離のある購入店ではなく、最近お世話になっているアートスポーツさんにお世話になりました。以前2000円メンテでしっかりと作業していたのを見て安心感がありましたし、アクセスも楽なので定期的に通えそうな場所でもありました。

バイクの状態

私のバイクのは2014年4月に購入したTrekのMadone5。初年度はあまり乗らず、2年目は半年くらい放置。本格的に乗ったのは宮古島トライアスロンに当選した2015年12月頃からの直近約5ヶ月間。状態としてはそんなに悪くはないものですが、長く付き合いたいバイクなので、これを機にピットインすることにしました。

御徒町「アートスポーツANNEX」に訪問

アートスポーツのオーバーホール基本工賃は3万円で、交換するパーツが発生した場合には別途費用が発生します。交換するしないの具合は当然バイクの状態によって上下するわけですが、掛かる人で総額6〜8万すると言うことを聞きました。随時携帯電話に連絡頂けると言うことです。

バーテープはお店で選んでも良いですし、別のお店で購入したモノを持ち込む形でも構わないとのことでした。私は色を変えてみようかと思い、少し考えることにしましたので「持ち込みます」と言うことでバイクを預けてきました。

出来るだけゴールデンウィークは乗りたかったのでその旨をお伝えしましたが、ゴールデンウィークはメーカーが休んでいるため、バイクの部品調達に遅れが出るかも、と言うことで時期についてはお任せすることにしました。


 

連絡1回目〜翌日

ショップに預けたのが土曜日の昼、翌日の日曜日夜に最初の電話がありました。

フロント周りとBB周りを調べてオーバーホール必要しとのことで「ライトパック」というメニューで良さそうとの連絡でした。パーツ代を含めて当初の見込みよりだいぶ安くなる模様です。バーテープは自分で選びたいので、「持ち込みたい」との話しをして電話を切りました。バーテープの持込だと1000円引きになるようです。

image

image

バーテープを購入

バーテープは下記の「Lizard Skins(リザードスキンズ) 」の1.8mmを購入しました。色は今まで通りで赤です。ネットのクチコミだけで購入してしまいましたが到着した商品は予想通り。納得の買い物でした。

image

連絡2回目〜火曜日

火曜日の16時過ぎ、2回目の電話を頂きました。「バーテープを巻けば完成」と言う状態まで来たそうです。「早めにバーテープを持って伺います!」と言う話しをしました。意外に早くて良かったです。当初はゴールデンウィークは越えるかも・・・と言うことでスタートしたので、ここまで4日間は早くて良かったです。水曜日の夜にお店へお邪魔してバーテープを預けました。次回連絡が来る時は晴れて受け渡しとなります。

連絡3回目〜

木曜日の18時頃電話いただきました。

完成です〜!!

都合5日間での作業期間で完成となりました。

でも取りに行けない・・・。

受け取り

結局受け取りに入ったのが日曜日になってしまいました。

奥の方から我がバイクがやってきます・・・。

image

新しいバーテープも巻かれていてピカピカです!

image

お店の前で記念の写真です。

image

綺麗に甦りました!

image

あれ、よ〜く見るとバーテープのロゴが逆じゃないか?これはどうなんでしょうか・・・(笑。

image

メンテナンス結果

幸いにも大きな問題がなかったと言うことで、引き続き乗っていきたいと思います。

キャリパーブレーキに錆が発生していたようで、取って頂きました。コレは様子を見ながらタイミングを見て交換していくことにしようと思います。

バイク修理:11926円

ブレーキシュー代:1074円

シフトケーブル代:2800円

ブレーキケーブル代:2633円

合計18,433円で会員割引5%を引いて消費税を追加。合計は「18,912円」でした。

乗ってみたらかなりリフレッシュしていてビックリ。ぬるぬるっと進んでいく感じが良いです。

これからも長く付き合っていきたいと思います。