【サブ3.5ランナー】ランニングシューズは必ず「2足用意すべき」理由。

この記事は「サブ3.5〜サブ4」周辺のランナーである中級者から上級者向けの記事です。

皆さんは普段使っているランニングシューズを何足お持ちでしょうか?使い込みすぎて古くなったシューズは除き、現在「現役」として使用しているシューズを何足お持ちでしょうか?

私の場合は、つい最近まで「1足」だけでした・・・。

レースで自己ベストを出せるような本番を意識した軽量のランニングシューズを購入し、そのシューズを繰り返し練習でも使ってきましたが、どうやらこの使い方は「間違っている」というか、かなり危険という話しです。

最近通っている駒沢公園にある足の治療施設「ランナート」でその理由を聞いてからは、アドバイスを頂いて新しくランニングシューズを購入し、今では2足をシーンに合わせて使いこなすようになりました。ランニングをはじめてから約10年間、常に本番用のシューズを使い続けてきた歴史に終止符を打ったのです。


 

私も知らなかった大切なシューズの話し

なぜ2足用意しなければならないのでしょうか?

私はランニング歴で約10年、フルマラソンのベストタイムは3時間25分で100kmマラソンも3年連続完走するなど比較的ガッツリと走っている部類の市民ランナーです。

ランニングシューズはたasics(アシックス)の「ターサージール」というシリーズをずっと使っています。スピードを意識した軽量で小気味良い反発性を兼ね備えた、まさに自分の足にフィットしたシューズです。

しかし、軽量が故に靴底から伝わって来る衝撃が強かったり、踵部分のサポートが弱く不安定な構造というデメリットも持ち合わせています。

さらに私は「足底筋膜炎」という足の故障を長年克服出来ずにいる状態でもありますので、足への負担を考えるともう少し「足に優しい練習シューズ」を使わなければならない、という事を考えなければならなかったのです。

1足目:本番レース・スピード練習

本番用に使用しているターサージール3です。

ハーフマラソンから100kmマラソンまで、様々なレースを全てこのシューズで歩んできました。


 
 

2足目:練習用

大型スポーツ店「ヴィクトリア」のシューズマイスターのスタッフと相談の上、「ゲルフェザーグライド4」というシューズに決めました。下の水色のシューズです。



 

2足を比較

2足を比較してみましょう。

後ろからの写真です。一目見て分かるのは靴裏のクッションの厚みです。フェザーグライドはソフトでクッション性が優れています。厚みだけではなく、靴底の固さも全く違って、フェザーグライドはターサーと違って柔らかいゴムで作られています。


さらに違う点が踵(かかと)の作りです。

ターサーと違って踵周りの素材が固く強固な作りになっていて、ガッチリと足全体のバランスを保ってくれるような安心感があります。
slooProImg_20160820184722.jpg

 

練習用なので靴ひもを結ぶ手間を省いてくれる「キャタピラン」に交換しました。


【結ばない靴ひも】CATERPYRUN(キャタピラン)を使ってみたら便利すぎて驚いた!

2016.08.09

実際に走ってみて

練習用のシューズを実際に利用してみて最初に感じた感想は「重たくて柔らかい」ということです。柔らかいシューズが路面に絡みついていくようで、シューズの重さの変化以上にドシッと来る感覚でした。フラットなソールという構造によるものなのかも知れませんね。


一方でランの質の変化も感じました。

例えば下り坂で3’30ペースで走ってもカラダのブレをあまり感じません。ターサーより安定感があるようで、多少雑な着地になっても足へのダメージが少なく感じました。「懐の深い信頼出来るシューズ」という印象です。
ダメージが少なく感じる分、ジョグのスピードが上がり、結果トレーニングの質が上がったように思います。

そして併用しているインソール「Formthotics(フォームソティックス)」の効果もあったのか、練習後に良く感じる、足裏や足首周りの疲労痛のような違和感もありませんでした。
 

練習用シューズの選び方

私が今回選んだ練習用シューズは本番用のシューズ「ターサージール」に対して「ゲルフェザーグライド」というモデルでした。シューズ選びを相談したのはシューフィッターの「ヴィクトリア ワードローブ館」の末永さん。かなりこだわりの強い方で、実際お店に入った際には色んなシューズを出してきてくださり、シューズ選びの注意点などをお話し頂きながら相談の上購入しました。店内を試走すると私の悪いクセをすぐに発見してくれるような眼力も持たれております。

つま先と踵の高低差が少なく、踵をホールドしてくれて、本番用シューズと同じメーカーが理想、と言うことなどのアドバイスを頂きました。ちょうどフルマラソンのタイムも私と同じタイムでしたので、サブ3.5近辺のランナーの方とは相性が良いのかも知れませんね。

 

ランニングシューズ2足を併用していくシューズについて、継続使用して結果を期待していきたいと思います。

キッチリと実測データを比較してみました。こちらの記事もご覧下さい。

【2足で比較実験】ランニングシューズで走りはどう変化するか?〜Garminデータで解析してみた

2016.10.13

後日談

さらにクッション性とホールド性に優れるシューズを導入してみました。アシックスの「GT-2000 NEW YORK 4」と言うモデルになります。ターサージールとゲルフェザーグライドの違いよりも大きな差を感じることになりました。藤原新選手や川内優輝選手も使っているモデルだそうです。参考記事を書きましたので、よろしければご参照下さい。

【勝手にシューズ評価】asicsランニングシューズ「GT-2000 NEW YORK 4」

2016.10.19