もう少し企業努力して欲しい店〜カレーうどんの「千吉」はどこに向かう?

 

久しぶりに「カレーうどんの千吉」に行ってきました。


 

夜の運動前に消化の良いモノを食べたくて、そんな時に看板を見かけてお店に入りました。

もちろん今回が初めてではないし、信頼する吉野家の系列チェーン店であるから、応援しているお店の1つでもあります。

 

注文したのは最もベーシックな「千吉うどん(700円)」。

スパイシーでピリッとしたうどんに白いご飯とお漬け物が3枚入ってます。

カレーうどんのスープは若干色が薄めです。クリーム系の材料でかなり薄くしている印象。スパイシーさを狙った味なのですが、今ひとつスープのインパクトが弱く、カレーうどんとしてまとまってない感じ。とてもスープを全部飲むと言うことなく味に飽きてしまう単調さです。
うどんは少し太めでもっちりとした食感です。

 

どうしても比較してしまう

 

以前は美味しいと思ってたのですが、古奈屋のカレーうどんを頂いてからそのあまりにも美味しいスープに魅了され、正直いって千吉の味の印象もがらっと変化してしまいました。なんだか大きく水をあけられた感じです。残念ですが正直な感想。この2店、どうしても比べてしまいたくなってしまいます。

【衝撃の美味さ】古奈屋のカレーうどんを久々に食べて驚いた!



 

どこに向かう?

古奈屋を食べたことがない人には味の比較が出来ないのだから、分からないと言えば分からないのですが、古奈屋の廉価版と言うポジションは有りなのでしょうが、あまりにも味がかけ離れているので同列で比較するのは苦しいところです。

もっとスパイスを効かせて本格派テイストに向いていくとか、完コピではなくてもう少し味の種類を増やしていくとか、何らか動いていかないとリピートはないかなぁ、と言うのが個人としての正直な感想です。

頑張れ、千吉!!

 

slooProImg_20160510201723.jpg

カレーうどん 千吉 新木場店うどん / 新木場駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9