【購入記】スピングルムーヴのビジネスライン「SPINGLE Biz」の今後に期待!

Made in Japanのレザーユニーカーのメーカー「スピングルムーブ」。

最初に買ったスニーカーがとっても履き心地が良かったので、次なる2足目を狙っていました。

【最高のフィット感!】手作りのスニーカー「スビングルムーヴ」を購入して驚いたこと。



 

そして、スピングルムーブのビジネスライン「SPINGLE Biz(スピングル ビズ)」と言う存在を知って即購入してみました。


 

SPINGLE Biz-123

購入したのは防水レザー仕様の定番モデル「SPINGLE Biz-123」で色はブラウン。こげ茶色でした。本当は1足目と同様のカンガルーレザーを使ったタイプが良かったのですが、デザイン的にイケて無かったので断念したという経緯があります。

 

スピングルムーブのマークも控えめに刻印されています。


こちらはインソールです。接着剤のようなもので固定されているので、剥がすことは出来ません。Superfeetのインソールを入れようかと企んでいたので少し残念です・・・。着脱式だと利用シーンの幅が広がるので検討頂けると良いと個人的に思ってます。


参考までにSperfeetのインソール記事はこちらです。

【インソール】ビジネスシューズ用「SUPERfeet TRIMFIT DELUX 」が素晴らしすぎる!!



 

靴裏は他のラインと同様にゴム底です。歩きやすい構造で作られていますね。


 

後方、カカトからの写真も撮影してみました。

SPM-442との比較

タイプが違うSPM-442(サイドゴアのミドルカット) スニーカーとの2ショットです。あえてこの2足を比較してみようと思います。


 
履き心地
2足の比較結果を申し上げると、「SPM-442」で体感しているカンガルーレザーの素晴らしさを大きく実感することになりました。対して「SPINGLE Biz-123」のレザーは少し硬めで足にフィットするよりも足がフィットされていくような状況。しばらく履くと靴擦れがおきそうな感覚にも襲われます。足の甲が革に当たるところも少し違和感があって長時間履いていると若干の痛みも・・・。

しばらく履きこなして、革の柔軟性を上げた時にでも再度レポートしようと思いますが、「SPM-442」で味わった興奮は現状ありません。スピングルビズに過剰な期待をかけていたのかも知れません。

 

今後は履きやすいカンガルー革素材を使ったタイプや、デザイン的な問題が解決されると良いと思います。個人的には大好きなメーカーさんです。

頑張れ!スピングルムーブ!!