【WordPress】テーマ「ストーク」におけるブログカード表示についての注意点

STORK(ストーク)

ワードプレスのブログテーマを「Simplicity」から「ストーク」に変更してある程度の期間が経過しました。基本的には満足しておりますが、幾つか物足りない点、改善希望点などが見えて来ました。なかでもリンク先を表示する際にすっきりと見せる手法、いわゆる「はてな風のカード型表示(以後ブログカード)」について、これはちょっとイケて無いのではないか? と思うに至り記事にすることなりました。

URLの直打ちからブログカードを生成する機能は「Simplicity」固有の機能なのですが、今振り返ってみると、とても素晴らしく便利な機能でした。

リンク先の表示

内部リンク、外部リンクともに、URLを直打ちするとワードプレス側の機能が発動してサイズが大きい巨大なカード表示になってしまいます。

【WordPress】Simplicityから「ストーク」にテーマを変更した理由と感想



今回の「ストーク」でブログカードを表示させるには内部リンクのみに対応しており、「[ kanren postid=”○○○○” ]」とエディタに入力する必要があるということです。リンクさせたい記事IDを調べてから、先ほどのショートコードを入力する必要があります。また、外部サイトには対応出来ない(上記のような大きいサイズ)という状況でもあるのです、これは不便ですね。
また、過去記事の全ての内部リンクを「[ kanren postid=”○○○○” ]」に修正する作業となると、正直気が遠くなります。今後速やかにカスタマイズして欲しい点かと思います。

 

ブログカードのカスタマイズ方法

ストークでブログカードを表示させる方法を下記にまとめました。

1)公式方法

「[ kanren postid=”記事IDの数値を入力” ] 」を入力します。下記のように表示されますが、こちらは内部リンクの場合に限ります。

【Wordpress】Simplicityから「ストーク」にテーマを変更した理由と感想

2016.09.28

カード内には「関連記事」と言うラベルが付き、タイトルだけの表示となります。サムネイルは左側に表示されますね。

 

2)もうひとつの方法

「<a href=”サイトのURL”>サイトのURL</a>」を入力する方法で、下記のように表示されます。外部のリンクを記入しても同様に表示されます。


カード内にはタイトルと、記事内の文章が一部表示されます。サムネイルは右側に表示されますね。

こちらは下記記事を参考にさせて頂きました。個人的にはこちらの方が好きなカードです。


※上記サイトにある「WordPressエディターに外部URLをコピペするだけで、どんなサイトでも「はてなブログカード」を表示させるカスタマイズ方法」の設定を行わないと、ブログカードとして表示されませんのでご注意下さい。

まとめ

今回はブログカードの表示方法を2つご紹介しましたが、他にもアプローチ方法がありそうです。しかし、いずれにしろURLの直打ちで簡易に表示される機能が待たれるところです。

現状ではブログカードについてのユーザビリティがイマイチな「STORK(ストーク)」ではありますが、それでも良いテーマだと思っております。気になる方は下記よりアクセスしてみて下さい。



※文章内に表示している「[ kanren postid=”○○○○” ]」は一部半角スペースを入れて表示しております。ご注意下さい。