【かんたん同期】GARMINとSTRAVAの連携方法

STRAVAとお手元のGPSデバイスの同期・連携方法をご紹介します。

GARMINを例に記事を書いておりますが、SUUNTOでもPOLARでも基本的には同様の操作方法で同期が可能です。ものの数分あれば同期が完了します。

WebでSTRAVAのサイトにログイン

PCのWebブラウザでSTRAVAのサイトにログインします。

ダッシュボードが表示されたら、

(1)画面上部にある「+」アイコンから「アクティビティをアップロード」を選択。

(2)GARMIN(或いはその他所有のデバイス)の「始める」をクリック。

スクリーンショット_2016-06-02_17_06_13

(3)以下のダイアログが表示されるので、オレンジ色のボタン「Garminに接続」をクリックします。

 

スクリーンショット 2016-06-02 17.06.36

 

(4)別ウインドウで Garmin Connect への接続許可を求める画面が表示されるので青色のボタン「アプリの許可」を押します。

 

(5)Garmin Connect の ID とパスワードを入力してサインインします。

 

スクリーンショット 2016-06-02 17.06.51

 

(6)サインインに成功すると元のウインドウに戻ります。以下のメッセージが表示されていれば成功です!

スクリーンショット_2016-06-02_17_07_20

※Stravaに同期されたアクティビティが表示されるまで、3~5分ほどかかる場合があります。

 

注意事項

GARMIN CONNECTの設定にご注意下さい。

アクティビティの公開設定を「全員」にしておかないと、データの同期が出来ません。

「自分のみ」や「マイコネクション」、「マイコネクションとグループ」などに設定している方はデータの同期が出来ませんので、くれぐれもご注意下さい。

 

 

よろしかったら下記記事も参考にしてみて下さい。

Garminユーザーの私が「STRAVA」を絶賛する理由