【Made in Japan】SWANSのサングラスSOU PRO-3109はトライアスリート御用達

SWANS

SWANSは山本光学さんのブランド名で、本社が大阪にあるMade in Japanのメーカーさんです。国産メーカー推しの私としてはついつい肩入れしたくなるブランドで、何より品質が良いので安心して買い物が出来ます。今回はランニング用、バイク用というトライアスロンを意識したサングラスを探して購入しました。

SOU PRO-3109

今回購入したのが「SOU PRO-3109」というモデルです。


slooProImg_20160909194258.jpg
参考までにこちらの商品にはハードケースが付属しています。黒いケースで白く「SWANS」のロゴも入っております。レンズが薄いのでハードケースでキチンと保管しておきたいところですね。


レースでも早いタイムが出そうです・・・


逆側から撮影してみました


2017年の大会で無事活躍出来ますように!と言う思いも込めてゲットしました。

スペック

詳しいスペックは下記に引用しておきましたが、一言で表現すると「軽量で快適な掛け心地と撥水加工を含めて機能性を併せ持つスポーツサングラス」、と言うことになります。なにより宮古島で行われたトライアスロンの優勝者がつけるサングラスですので、信頼性は抜群と言うことになります。

■進化1 新形状のレンズ
光学性能と視野の広さに優れたSWANS独自の「ツインレンズ」を採用し、眼を護るという基本機能を追求。レンズの縦幅を3mm広げ、紫外線の侵入を抑制し、風の巻き込みを抑えるレンズ形状に進化しました。

■進化2 クラリテックス2(両面撥水加工)レンズ
新形状のレンズにはクラリテックス2(両面撥水加工)が施され、汗や雨、給水時の水の飛び散りからだけでなく、汚れもつきにくくしてクリアな視界を確保します。

■調節可能なノーズピース
調節可能なノーズピースを採用し、激しい動きでもズレにくい、アスリートの求めるフィット感を追求可能に。

■フレームはメタルレス
金属を使わないことで軽量性と安全性を両立したSOUテンプルを採用。2つに分かれた下部側を太くする事により重心を下げ、スポーツ時の揺れを抑える効果があります。

■日本製のフィット感と品質
フレーム形状は日本人の頭部に合わせたカーブで、頭を包み込むようにフィット。フレーム内側には手作業による滑り止め加工が施されており、ホールド感の軽さとズレにくさを両立しています。

金額は標準価格で18000円(税別)ですが、実勢価格で11,000円程で販売されています。

slooProImg_20160909194251.jpg
 

実際の使用感は・・・?

実際に装着して使ってみました。

とにかく軽くてつけている感覚が分からないほど。上下のフレームもないので視野も非常に広くて快適です。顔に触れている部分が揺れないので、思わず裸眼なのか?と言うほどの感覚になってしまいます。日本のメーカーなので日本人の顔にフィットした設計になっているのでしょう。

まだ雨に降られた時の状態は確認出来ておりませんが、非常に優秀なアイテムという実感。お買い得な商品ということが分かります。ずばりオススメ!な商品です。

SWANSの信頼性〜スイム用ゴーグルもオススメ

屋内プールのスイミング用ゴー グルは長くSWANSを使っています。なにが良いかといいますと、掛け心地や視界の良さはもちろん、曇りにくい加工が施されているからということになります。通常の約3倍ほど長期で使えますので、かなり助かってます。今回サングラスとしてSWANS製品を購入するのは初めてですが、スイム用での信頼感が購入に繋がりました。
slooProImg_20160909200754.jpg