【台湾で日本食】台北の「やよい軒」に行ったら美味しくて大当たりでした。

台湾旅行で調子に乗りすぎ、色んなものを食べすぎたら日本食が恋しくなる瞬間が来てしまいました。海外旅行や海外出張では出来るだけ現地の食事を楽しむようにしていますが、どうしても無性に日本食が食べたくなる時があります。

1990年代は現地で開業した日本食レストランに訪れるケースがほとんどでしたが、ここ最近は飲食チェーン店のグローバル化が進み、日本で親しみのある外食チェーン店がかなりの勢いで海外展開しているのを目にします。

やよい軒in台湾

滞在先のホテルのすぐ近くで目にしたのが「やよい軒」。

お店に入ると「いらっしゃいませ!」と言う日本語でお出迎えされます。お店に入ったのが20時頃でしたが、店内はほとんど満員の大盛況でした。


日本と違ってテーブルごとに置かれているipadで直接注文が可能です。メニューは豊富で日本語表記されています。お値段は日本より10%程度割高の料金ですが、物価の安い台湾にしてみればかなり高いお店の部類に入ると思われます。さらに、メニューの金額から10%のサービス料を支払うルールですので、これはもう「高級店」と言っても良いのではないでしょうか。


 

カツ重を注文

カツ重を注文しました。味噌汁とお新香が付いてお値段は260元です。日本円で約850円くらいでしょうか。これにプラス10%のサービス料が加算されます。

slooProImg_20160826211741.jpg

そしてこのカツ重が日本と同じくとっても美味しいカツ重に仕上がっていて驚きました。特に一番心配をしていたご飯の味がとても素晴らしい美味しさ出会ったことには感動でした。お米はこだわっているようで「金芽ごはん」と言うお米を使用しているとメニューに書かれてありました。ちなみにお新香とご飯のおかわりが自由と言われました。カツ重にご飯のおかわりって言うのは初耳だったので新鮮でした・・・。

slooProImg_20160826211736.jpg

 

他にも冷たい緑茶とデザートを注文して締めて462元(サービス料含む)。日本円でおよそ1500円のお会計でした。求めていたものがとても美味しく頂けたので大満足!他テーブルの料理もなにげに観察してましたが、どれも美味しそうです。賑わっている理由が分かります。ご馳走様でした。


やよい軒 站前懷寧店定食・食堂 / 台北駅周辺)

夜総合点★★★☆☆ 3.5