【LSDに最適】たまリバー50kmを走ってきました

 

たまリバー50kmを走ってきました。

「たまリバー50km」とは多摩川の左岸(東京都側)を走るランニング(サイクリング)コースの呼称で、所々にMAPや距離表示が置かれています。

長距離を走るランナーの多くは上流から下流を目指して走るのが一般的で、羽村駅から徒歩7〜8分の場所にあるスタート地点から始まります。

私が走ったのは2016年5月の中旬。この日は最高気温が23度、雲ひとつない晴天でかなりの暑さの中のランニングとなりました。基本的には日陰がほぼ無いので、真夏のランニングの際には熱中症や脱水に気をつけたいコースです。

スタート〜7時前

 

この日は始発で羽村まで向かいました。スタート時間は朝の7時前になりました。スタートしてしばらくは心地良い冷気と澄んだ空気、綺麗な緑の景色で非常に心地良いランニングとなります。犬の散歩をしているご老人やウォーキングされている地元の方など、「おはようございます」と声を掛け合いながら進んで行きます。


 

20km〜

徐々に日が昇り、10時過ぎには暑さを感じます。

下のようにラッキーな日陰に遭遇することもありますが、ほんの一部区間なので期待は禁物です。しかし、基本的にキチンと舗装された道が続いていきます。

30km〜

川岸のランニングですので、週末はサッカーや野球、フリスビーなどの様々なスポーツの大会や練習が行われています。この辺から所々砂利道が多く見られます。疲労と暑さに参っている時ですので走りにくさが体に堪えます。


 

40km〜

二子玉まで来るとおおよそ40kmの距離となります。

二子玉では少し迂回して線路を越えることになりました。下の写真は二子玉を越えた場所になります。このような土のコースも時々現れます。


 

50km

この辺がスタートしてから50km地点となります。

「たまリバー50km」とはいえ、コースの最終地点は「53km」となります。

私はこれにて終了!暑さに参りました・・・。

完走後は?

完走地点(50km)からほど近い場所に「六郷温泉」という銭湯があるとのことで行ってみましたが、2016年1月をもって廃業されてしまったようでした、ショック!行った場所はビル工事をしていましたが、どうなってしまうのでしょう?


少し歩いた場所に別の銭湯もありましたが、疲れすぎていたので気力無し。気を取り直してラーメン食べました。お店は「だるま」さん。塩気があって疲れた体が嬉しそうな声を出しているよう。ビールもありましたが、グッとこらえてガマン。

 


【六郷土手】 麺屋 だるま 六郷店のラーメンは「ほうれん草」がポイント



 

LSDには最適

片道の50kmなので、飽きずに色んな風景を楽しめます。

ランナーやサイクリストも沢山いますので、モチベーションが切れません。

コンビニと自販機もルートを少しずれれば沢山あります。長めの休憩を挟んで補給をキチンと出来るのも良いですね。