【夏は必携】THERMOSのマイボトルで冷たいお茶を持ち歩き

マイボトルでコーヒー

以前もご紹介しましたが、オフィスで働く時にはなるべくThermosのマイボトルに温かいコーヒーを入れて持ち歩いておりました。少しの手間で安さだけでなく、自分の好みに応じていつでも飲める便利さに、習慣として根付いております。


夏場は冷たい飲み物

秋、冬〜春先とほとんど毎日、熱いコーヒーを濃いめに入れて携帯していました。さすがに暑くなってくると熱いコーヒーより冷たいお茶が飲みたくなります。冷たいお茶は大きく3通りの方法があります。

1)熱湯から煮出して、ある程度冷ましてから氷と一緒にボトルへ入れる。

2)水出し用のお茶パックを水と一緒にそのままボトルに入れる。氷も少々。

3)粉末タイプのお茶で冷水に溶かす。

お茶の香りが楽しめるのは(1)のパターンですが、面倒な場合は(2)。

(3)の粉末タイプも最近は品質の良いものが出ているのでバカに出来ません。個人的には最も楽な方法のコレが良いですね。

オススメのお茶

私のオススメ商品はこちら「伊藤園 おーいお茶 抹茶入りさらさら緑茶 80g」。
これで500mlのマイボトル20本分の量が出来上がります。抹茶入りなのでコクがあってしっかりとした味が好きな方には合いそうです。

また、現在のAmazonの価格だと745円(2016年7月現在)なので、1回30円台の費用という低コストです。氷を入れて冷たくしたり、濃さを加減してお気に入りの味にすることも可能です。自分に合うお茶を探すのも楽しみの1つかと思います。また、本当に暑い日にはスポーツドリンクなどに替えてみるのも良いでしょう。是非試してみて下さい。