【TJAR2016装備】出場選手が使用する人気アイテムを紹介〜ソックス・インソール編

TJAR

トランスアルプスジャパンレース(TJAR)は総距離415km、累積標高25400m、制限時間が8日間に及ぶ日本海から太平洋までの縦断レース。あまりにも過酷なレースである事から厳しい選考会、予選会によって選ばれた選手だけが挑戦権を得るものです。
「TJAR2016 大会報告書」の出場全29選手の装備をまとめ、主立った装備品を紹介していくシリーズ第2回の今回は「ソックス・インソール編」となります。


前回のシューズ編は下記よりアクセス下さい。

ソックス

シューズと合わせて足のコンディションを大きく左右していくソックス(靴下)選びも重要です。全選手のデータを確認しましたが、一部記載していない選手もいるなど、それほど重要視されていない印象を受けました。一方で各選手マメに苦しんでいるというレポートも見られます。このミスマッチしている状況は、私たち市民ランナーにおいても同様の状況かも知れません。私たちはもっとスポーツ用ソックスにもっと注目しなければならないような気がしております。

各選手の使用ソックスは次に挙げるように大きく3つに分かれておりました。
  1. R×Lソックス
  2. itoitex
  3. その他

(1)R×Lソックス:使用選手×10名

武田レッグウェアー社が展開するソックスブランドの「R×L(アールエル)ソックス」。サポート選手も多く抱え、市民大会でも出場している市民ランナーに向けて一生懸命声援を送っている光景も良く目にします。私にとって非常に印象の良いメーカーさんです。調温調湿効果がある「メリノウール」への評価が高いようです。長時間走り続けてもクッション性が衰えず維持され、下りや登りでもしっかり食いつくグリップ力が売りのようです。一方で耐久性に不満を持つ声も幾つか聞こえてきました。

(2)Itoitex:使用選手×8名

最近その評価がうなぎ登りに上がっているのが和紙×シルクを使った素材「itoitex」のランニングソックスです。評価を集めたのはトレラン界隈のユーザーで、最近私も実際に使って見ましたが軽量、速乾性に優れている商品です。詳しい特徴については下記にまとめましたのでご覧下さい。
また、とことんアスリートに寄り添った社長の熱いお話も聞くことが出来ましたのでこちらも注目です。

※ソックス選びのポイント

  1. マメが出来にくい5本指派が多い〜マメ対策に悩みつつもラウンド型のソックスを選択し、結果的にマメが出来てしまった選手のコメントもありました。やはり5本指ソックスに軍配が上がるようで、ほとんどの選手が5本指型を選んでおりました。
  2. 意外に靴下に無頓着
 

インソール

そしてインソールの部です。期待して大会報告書のページをめくってみましたが、意外やインソールを取り替えて使用している選手が少なかったようです。皆さん純正のインソールを使っているのでしょうか?結果的に確認出来た範囲ですと「SIDAS」か「Superfeet」の2つだけでした。少々意外な感じでしたが、皆さん足元は軽くしたかったのでしょうか・・・。理由についてまで報告書内に記載しているものはありませんでした。

さて、今回お届けしたのは「ソックス・インソール編」でした。続いてのページは「トレラン用ザック編」です。