【東京マラソン2017】ボランティアに当選〜コース整理員として参加する記録

東京マラソン2017

昨年に引き続き出場したかった東京マラソン2017。

残念ながら抽選倍率12.2倍をくぐり抜けて当選することは出来ませんでした。2017年大会は昨年とはゴールが変更になり東京駅と言うことで、さらに盛り上がる大会になるでしょうね。

落選後すぐに気持ちを切り替えてエントリーしたのがボランティアです。

ボランティアエントリー

東京マラソンはボランティアでも抽選となります。なお、ボランティアの担当は下記の11エリアから3つまでエントリーすることが可能です。私は次のように第3希望を決めました。
  1. スタート(東京都庁)
  2. 新宿・飯田橋ブロック
  3. 神田・日本橋ブロック
  4. 水天宮・人形町ブロック→第3希望 当選!
  5. 蔵前・浅草ブロック→第1希望
  6. 両国ブロック→第2希望
  7. 清澄・門前仲町ブロック
  8. 銀座・有楽町ブロック
  9. 日比谷・丸の内ブロック
  10. 芝・高輪ブロック
  11. マラソンフィニッシュ(東京駅前・行幸通り)
結果的に当選したのが「水天宮・人形町ブロック」です。2016年12月20日にメールで連絡が来ました。同じブロックに当選された方もBlogに上げてますね。何人ぐらい当選したのでしょう。

マニュアル到着

大会約2週間前の2017年2月13日、マニュアルが到着しました。当選時にはわからなかった仕事の内容(役割)も記載されていて、「コース整理」とされておりました。あわせて前日の朝9時に集合して1時間ある説明会の受講が必須と記載されています。朝早いですね、説明会場の東京ビッグサイトまで頑張って行かなければなりません。マニュアルには当日の地図やルールをはじめ様々な情報が掲載されています。しっかり読み込むのには結構な時間が掛かりそうな内容量です。

コース整理とは?

さて、コース整理とはどういった仕事内容でしょうか?公式ページより抜粋した内容が下記となります。

ランナーや観衆の安心、安全を守るため、42.195㎞、コース上にくまなく配置されています。

<主な活動>
・コース整理員・・・コーン、バーの配置、ランナーの安全確保、観衆の飛び出しの防止など
・距離表示・・・1㎞ごとに距離表示の看板を持ちます
・ランナーサポート・・・ランナーへのトイレの案内、誘導を行います
・観衆整理・・・コース上への観衆の飛び出し、横断を防ぎます

<POINT>
車いすランナーやエリートランナーのスピードを間近で感じることができます。

内容的には動きの少ない結構地味な活動ですね・・・。

しかし、市民ランナーでもある私としてはコース上に配置され、さらにランナー達の近くで仕事出来るエキサイティングな場所になりそうです。また、11km、折り返して28km地点というそれぞれ違った局面でランナート向き合える醍醐味も感じられそうです。

報酬は?

気になる対価ですが、ボランティアなのでもちろん報酬はありません。昼食費や交通費などの支給も一切ありません。唯一与えられるのがユニフォームとなるキャップ(帽子)とウェアのみです。報酬目的ではありませんので期待はありませんでしたが、ウェアを頂けるのは嬉しい特典ですね。なお、ウェアは前日の説明会で支給されますが、当日不参加の場合は送料自己負担で返却するそうです。もらい逃げは出来無いルールになっておりますので、念のためご注意下さい。

前日説明会

マラソン当日の活動の前に前日の説明会に参加する義務があります。遅刻も早退も出来無い説明会の参加で私たちのグループ(ブロック)は「9:00~10:00」の1時間、場所は東京ビッグサイトで行われます。

さて、私にとっては初めてとなるボランティアの経験です。どうなりますでしょうか?

※当記事は当日の参加まで随時更新していきます。