【ネタバレ公開】「unico」の2018年のHAPPY BAG(福袋)は神袋だった!

unico

ライフスタイルショップ“「unico(ウニコ)」。

オシャレでセンスの良い家具やファブリックなど、店作りと品揃えに魅了され、ついつい長居してしまうショップです。

店内は質が良くてデザインの優れてるアイテムで満たされていて、心地良い空間を作っています。

2018年HAPPY BAG

2018年のHAPPY BAG(福袋)は先行してオンラインショップでも販売されていますが、かなりの人気なのですぐに売り切れる&送料も掛かるし、店頭で直接購入するのがオススメです。

今回購入した店舗は御徒町の駅からすぐ「PARCO_ya(パルコヤ)上野」です。1月2日からの初売りでしたが、行列などもなく夕方頃でも普通に販売していました。価格は5000円(税別)の1種類のみです。

HappyBagの巾着はデザインが様々あって楽しみながら選べます。

中身公開

実際に購入した福袋を公開致します。まずは今回選んだHappyBagから。シングルベッドを使っているのでシングルの「S」と書かれたマークの商品を選択しました。

落ち着いた男性的なデザインを選択しました。

 

1)コンフォーターケース

2)ピローケース

まずはメインアイテムの「コンフォーターケース(掛け布団カバー)」と「ピローケース(枕カバー)」のセットです。落ち着いたブラウンのカラーにJOINER柄のデザインです。

掛け布団カバー8500円(税別)、枕カバー1500円(税別)。

3)クッションカバー

続いてはクッションカバー。一般的なサイズの45cm×45cmです。裏面がニットで編まれていておしゃれ感満載です。

TEDDY BEERのクッションカバー4600円(税別)。

4)大型トートバッグ(1点モノ)

そして、男性的な巾着だからこそのアイテム(?)、かなり大型な「トートバッグ」です。素材が丈夫でガッシリした作りの商品です。13000円(税別)は、中身の中では最高金額でした。

同じ生地で作られたiPadが入るようなサイズのミニバッグも付属されていて、使い勝手が良さそうですね。持ち手や底の部分はキャンバス地が採用されています。

テント素材のカジュアルトート「LONA BAG」13000円(税別)。ワンポイントのイラストはなんと直筆の1点モノです!

宗教画家MIGUELが豚の絵を一枚一枚手書きで入れたタイプで、覆面レスラーがPOPにワンポイントで描かれています。

5)靴下

それから靴下も1つ入ってました。ユニセックスな柄ですね。サイズ表記もありませんでした。

靴下(価格不明)

6)謎のオーナメント×2個

最後は意味不明、謎の商品、木製チャーム?オーナメント?。どこに付ければ良いのか分かりません・・・(笑)。ワインの贈り物などにつけるイメージでしょうか・・・?こちらは金額が書かれていませんでした。

7)巾着袋

ついでに包装に使われていた巾着 です。unicoのファブリックをリユースした袋で、良質のコットンで作られているようですね。前後は違う柄の生地で作られてます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

良くある金額感さんのご紹介をすると・・・、5000円(税別)に対して、金額の判明しているモノだけでも定価の総合計金額は27600円(税別)

靴下とチャームを入れるとおよそ3万円の計算になりますね。

購入金額から約6倍という、かなりのお得な福袋です。まさに神袋!

 

2018年HappyBagの全貌です。クッションカバーを早速使って撮影してしまいました。

ラグを購入した記事はこちらです。