【簡単レシピ】ワサビの葉と茎を使った絶品おつまみ!

御嶽山へトレランに行ってきました。奥多摩エリアは水が綺麗な土地でワサビが名物です。

ワサビ本体は蕎麦や板わさなど辛みを楽しむとして、残った茎と葉を使った簡単おつまみを作ってみました。このレシピは密閉出来る容器があると楽です。今回は「Glasslock Barrier(グラスロックバリア)」を使っております。


‎材料

今回の材料はシンプルです。
  1. ワサビの茎と葉
  2. しょうゆ(適量)
以上2つだけ。お酒とかみりんとか必要ありません。これだけで十分美味いおつまみの完成です。

レシピ

 

1)葉っぱと茎を適当に切って容器に入れる


2)沸騰したお湯を投入!蓋をして約3分まちましょう。


3)3分経過したらお湯を捨てます。熱いけれどキッチリ水を取った方が◎。すぐに適量のしょうゆを投入して蓋をします。


4)蓋をしたらシェイクします。え!?

大丈夫。刺激を加えることによって辛みをと風味を出すのです。ここでしっかり振ることによって出来上がりの美味しさが変わってきます。1〜2分振ってみましょう!シェイクしたらそのまま放置。冷めたタイミングで冷蔵庫に入れて数時間待ちましょう。

完成

完成です。ワサビの風味と辛みが混ざり合って、かなり美味しいおつまみの完成です。
ビールや日本酒、焼酎と合わせると良いですね!