【保険適用】銀歯を白い歯にしてみよう〜わずか2回の簡単通院&安価交換。

保険で銀歯を白くできる

「保険で銀歯を白い歯に出来るよ」という事を教えてもらいました。

なにやら保険法が改訂されたようで、前歯から数えて4番目と5番目の第一小臼歯、第二小臼歯まで適応されると言うこと。さっそく歯科医を予約して行ってきました。

 

1日目:診断〜除去

先生に今回のご相談をしたところ、要領を得たようで簡単にご説明頂きました。白い歯への入れ替えについて保険適用は出来るが耐久性には銀歯より劣るそうです。その点を覚悟出来れば対応して頂けるのお話しでした。耐久性的には銀歯や自費でのセラミック製の方が上回るそうです。

また、上の歯より下の歯の方が強度が必要とのことで、上の歯であればオススメするが下の歯は保証出来ない、と言うことでした。また、完全に銀歯で覆われている被せ物のときに保険適用すると言うことで、詰め物には対応していないとのことです。交換する歯の場所によって色々と状況が変わるようですね。

幾つかの制約条件を踏まえ、まずは第一小臼歯〜下の歯で中央から数えて4本目〜から処置すると言うことになりました。レントゲンを撮り、「大丈夫ですね」と確認した上で銀歯を削っていきます。上下の歯形と噛み合わせを取って仮の歯を注入。初日はここまでで終了です。歯の完成まで約2週間掛かると言うことで、次回の予約を取って帰宅出来ました。

1回目料金:2580円(初診料・レントゲン等含む)

img_0252

2日目:歯を入れる

初回は少し時間を掛けて40〜50分かかりましたが、今回はものの15分くらいで終了。あっけない感じでした。前回の詰め物を取ってから歯の洗浄を行います。その後歯を仮に入れたうえで噛み合わせの確認です。上の歯を少し削ってみたりという何度かの試行錯誤を繰り返して入れ替え終了です。

案外簡単に交換出来るのですね。鏡で最後に確認しましたが、今まで銀歯が見え隠れしていた位置に白い歯がきちんとくっついておりました。ものの1万円足らず、2回の通院で簡単に交換出来るのですね、良かったです。

2回目料金:6930円

3日目:2本目処置開始

通院3日目は2本目〜前歯の中央から4番目の上の歯を交換する処置になります。前回の1本目のその後の状況を聞かれたあとに治療開始。特に問題なかったので同じような対応で進めることになりました。実は5番目の歯も銀歯で、これも交換しようと言うことになりましたが、1本ずつの対応となります。

前回同様現行の銀歯を削り取り、整備をしつつ上下の歯形を取ります。その後は仮の歯を詰めて終了。約2週間後に完成するまでこのままの状態。どうやら今回の歯は神経がないので、詰め物が取れても問題ないとのこと。取れてしまって気になるようなら来て下さい、と言われて終了。約20分くらいでしょうか?スムーズな形で終了しました。

3回目料金:2290円

 

4日目:2本目の白い歯投入

通院4日目は2本目の歯が出来上がったので入れる日です。新しい歯を入れて若干噛み合わせが悪かったために削りながら調整を進めて行きました。今回の歯は前回の下の歯より力が入る箇所のようで、より慎重に使って欲しいと言う話しをされました。

今回の歯の奥側の隣もまるごと銀歯となっております。今回同様に治療をお願いして終了。また予約を取ることになりました。

4回目料金:5820円

5日目:3本目処置開始

通院5日目は3本目に突入です。前回の歯の隣〜前歯の中央から5番目の上の歯を交換する処置になります。1本目も2本目も特にトラブルなどの問題も無く、順調に活躍してくれております。いつものように経過を確認されつつを治療スタートです。

今までやって来た通りの処置方法で、銀歯を削り取り、整備をしつつ上下の歯形を取ります。今回は仮の歯を詰めずにそのまま終わりました。どういった違いがあったのかは分かりませんが、比較的歯が残っていたからなのでしょうか?

同じように2週間後の予約を取って終了です。

5回目料金:2290円

6日目:3本目の白い歯投入

通院6日目はいよいよ最後、3本目の歯が出来上がったので入れる日です。今回は比較的スムーズに白い歯がハマりました。。

6回目料金:5520円

 

感想

6回の通院で無事に合計3本の銀歯が白い歯に交換されました。料金的には6回の通院で合計3本、料金は合わせて「25,430円」、1本平均で約8500円でした。ここまでは特に問題ないものの、先生から事前に説明があった「強度の面」で心配はありますが、しばらく様子を見ながら付き合っていこうと思います。あまりにもアッサリと交換出来たので、面食らってしまう部分がありましたが、見た目の印象が結構変わったと思うので、今回の通院はとても良かったと思っています。無理した使い方に気をつけつつ、大切に使っていければと思います。