「山田屋(三河島本店)」で食べる焼肉には本物の雰囲気がある。

山田屋

日暮里駅から常磐線で1駅の「三河島駅」、徒歩5分圏内にある焼肉店「山田屋」は以前から「3本指に入る焼肉店」として大切にしているお店です。とにかく安くて美味しい肉をワイワイと食べられるお店です。日暮里駅前の支店もありますが、圧倒的にこちらのお店がオススメ。値段も肉質もこちらの方が勝っているような「気」がしております。

「大衆食堂」というコピーに愛を感じます。

メニュー

山田屋のオススメポイントは牛と豚を巧みに織り交ぜた多彩なメニュー。中でもホルモン系は超新鮮です。


さらに豊富なドリンクメニューも素晴らしく、ワインに至っては冷えているボトルも用意されていて選べるのです。私はビール派ですが、仲間の多くは生姜がグラスに入っている「ジンジャーハイボール」がこの日の人気ドリンクとなっていました。


 

一番好きなお肉が最初に注文する恒例の「上レバー刺し焼き」。ごま油かゆず胡椒醤油で頂きます。冒頭から新鮮な肉を扱っているお店のクオリティに驚くはずです。


焼く前に一品料理も選択肢が多く、クオリティも高いです。こちらの「豚タンの柔らか煮」も茹でタンのような柔らかさで、香り高き一品で好評でした。

焼き

焼肉はロースター方式です。セオリー通り塩系からはじめますが、まずは「タン塩」から。山田屋で注文する際は「上」「特上」を注文する必要はありません。オーナー自ら「並の方が美味い」と語っているそうです(常連客談)。厚みも絶妙なタン塩、これ素晴らしいです。


続いてホルモン系が色々入った「ミックス」を塩で。コリコリと新鮮な内蔵系お肉のクオリティが確認出来ます。


「シビレ」も新鮮です。


塩が終わったらタレ焼きを色々。ここからは熱烈食タイムになりまして、写真を撮り忘れました・・・。

カルビ・ロース・ハラミなどなどをご飯と一緒に。ちなみに山田屋のお米は近所のお米屋さんから仕入れていて「メチャ美味しい」です。


ワイングラスが山田屋オリジナルで可愛い牛のマーク入りです。

店内の様子

店内は入り口入ってすぐにカウンター、中ほどにテーブル、奥に座敷、という3段構成で意外に広いです。予約してこないと危険ですが、意外にサッと座れるタイミングもあります。決して綺麗とは言えぬお店は油っぽさも感じますし、唯一残念な点は「煙がすごい」と言うことです。

デートでは使えませんし、着ていく服にも注意が必要です。仲間うちでワイワイ食べるお店ですね。


沢山飲んで食べてもお安い価格設定なので財布にも安心。都心でこのクラス食べると2倍以上取られるのでは・・・?と言うコスパ。

このお店に来るとなぜか「本物感」を感じてしまうのです。手抜きのない仕事が随所に感じるお店です。

オススメ焼肉店としてご紹介でした!