【今日の吉池】600円で出来る「吉池風簡単1人鍋」の作り方とは?

吉池の簡単鍋料理

寒い冬にサクッと1人で鍋したい・・・。そんな時に手軽にお安く鍋を作る方法を吉池風にお届けいたします。

購入するのは「寄せ鍋セット(298円)」。なんと白菜、長ネギ、ニンジン、水菜、エノキダケの5種類が食べやすいサイズにカットされていて、洗う必要も無くそのまま鍋に投入出来るところまで加工されている商品です。

 

鮮度に注意を払うため、真空状態でパッケージされています。


吉池らしく、丁寧に産地まで表記されています。


お肉の方は「越後もち豚こま切れ(259円)」を購入。脂身の品質が良くて鍋に相応しいお肉。こま切れと言って侮れないクオリティで気に入っています。


仕上げに「松山あげ」を入れましたが、ダシや〆のラーメンなどは自宅に常備しているもので対応しました。
野菜と肉の合計は「298円+259円=557円(税込みで601円)」というコストパフォーマンスです。


吉池は食材の宝庫。本格的な料理でなくてもこういった商品で日本の食を支えてくれるのです。